「四季折々の日本」季節ごとの様々な行事やイベントの情報をテーマにしたブログ

木育フェスティバル2018京都ゴールデンウィークは木に囲まれて過ごそう!

2018/04/04

スポンサーリンク

 

せっかくのゴールデンウィ―ク。

この時期は気候がいいので外へ出たくなりますよね。

今回紹介する木育フェスティバル2018は、そんな外に出ていきたいという人にぴったりのイベントです。

 

子供はもちろん、大人も子供の頃に戻ったような楽しい気持ちで参加することができるイベントとなっています。

今回は木育フェスティバル2018がどのようなイベントであるのか、詳しい内容をチェックしていきます。

木育フェスティバル2018の基本情報

  • 名称 木育フェスティバル2018
  • 日程 2018年4月29日(日)
  • 時間 10:00~15:00
  • 会場 山村都市交流の森
  • 住所 京都府京都市左京区花脊八桝町250

(クリックでGoogle Mapが開きます)

  • アクセス 京都市街地から車で約1時間
  • 料金 イベント参加料は無料
  • 駐車場 有 無料
  • 問い合わせ 075-746-0439(山村都市交流の森)

 

木育フェスティバル2018は山村都市交流の森という場所で行われるイベントです。

山村都市交流の森は、1000haもの広大な土地を持つ施設で散策、木工、森林文化の体験学習を行うことができるスポットとなっています。

 

自然豊かなスポットで行われるイベントなので、お母さんお父さんもリフレッシュすることができること間違いなし!

マイナスイオンを感じて下さい。

 

こちらのイベント予約は不要となります。

当日会場に行って参加することができます。

 

森と聞くと「遠いんじゃない?」と思われるかもしれません。

しかし京都市街地から車で約1時間ほどなんです。

ちょうど良い距離感ですよね。

 

どんなイベント?魅力が知りたい!

木育フェスティバル2018がどのようなイベントであるのか見ていきましょう。

 

こちらのスポットでは、間伐・薪割りなどの林業体験を行うことができます。

どの体験も小さい子でも参加できますよ。

道具などは全て用意されているので参加するだけ。安心して参加して下さいね。

 

またツリークライミングをしてみたり、散策をしたりと思いっきり自然と触れ合うことができます。

 

散策は小さい子でも楽しむことができるようなコースもあります。

だいたい往復40分くらいです。

ぜひチャレンジしてみて下さいね。

 

なかなか自然と触れ合うことってできないですよね。

ツリークライミング(いわゆる木登り)なんて今どきの子たちはしないでしょうし…。

ゴールデンウィ―クは、普段できない体験をすることをおすすめします。

まだまだ魅力がたっくさん!

木育フェスティバル2018ではさまざまな体験を行うことができます。

スポンサーリンク

 

木工教室が開催され、木でおもちゃを作ることだってできるんです。

世界に一つ、自分だけのオリジナルのおもちゃです。

丁寧に教えてくれるのでぜひ参加して下さいね。

 

こちらのイベントはお昼をまたぐイベントとなっています。

お弁当を持ってきてもいいですが、会場では模擬店が出店しています。

カレーライスやうどんといった模擬店の定番が並ぶ予定です。

 

自然の中でおいしいご飯を食べてみてはどうでしょう。

ゴールデンウィ―クは天気が良いと暑いのでかき氷なんかも出店するかも!?

 

また、山村都市交流の森ではこの時期駐車場を中心に鯉のぼりが泳いでいます。

この鯉のぼりは無償で譲りうけたものなんだとか。

やっぱりゴールデンウィークといえば子供の日、子供の日といえばこいのぼりですよね。

 

さらにさらに!

 

ゴールデンウィ―ク期間中には魚つかみを実施しています。

人工の河川に泳いでいる魚を捕まえることができるんです。

水の深さは0~30cmと自由に調整することができるんだそう。

そのため小さい子でも安心して楽しむことができます。

 

見事つかんだ魚は持って帰ることができます。

3匹から受付になっており、1匹400円となっています。

ちょっと高いですが、なかなかできない体験なのでぜひやってみてはいかがでしょう。

 

山村都市交流の森にはプレイゾーンもあります。

ハンモックやターザンロープで遊ぶことができます。

自然の中でハンモックっていいですよね。

 

やりたーい!

 

ただ、小さい子が遊ぶ場合危険なこともあるのでかならず保護者がそばについていてあげて下さいね。

 

宿泊だってできちゃう!

山村都市交流の森には宿泊施設も用意されています。

広々とした森林公園の中にひっそりとたたずむ宿泊施設の名前は「翠峰荘」といいます。

スギやヒノキをたっぷり使った宿泊施設で木の香りに包まれて眠ることができちゃいます。

 

翠峰荘は大きな三角屋根が目印です。

イベント体験でたっぷり遊ぶともうくったくた。

そのまま止まることができたら最高ですよね!

 

イベントは予約しなくても利用することができますが、宿泊施設は予約必須です。

予約は早めにしておきましょう。

1日中山村都市交流の森で過ごせますね。

 

食事はなんと豪華な食事を楽しむことができるんです。

  • 季節の和食膳
  • 丹波赤地鶏のすき焼き
  • 七輪炭火焼き

の3コースを用意しています。

どれも絶品!個人的には七輪炭火焼きが気になるな~。

 

まとめ

木育フェスティバル2018について今回は紹介していきました。

  • 2018年4月29日(日)に開催されるイベント
  • イベントの開催場所は京都にある山村都市交流の森
  • 間伐、薪割り、ツリークライミングなどさまざまな体験を行うことができる
  • 木工体験で自分だけのおもちゃを作っちゃおう
  • 模擬店が出店
  • 宿泊施設を予約しそのまま宿泊するコースがおすすめ

いかがでしたか?

自然の中でゴールデンウィークは過ごしたいという方におすすめのイベントです。

 

まだゴールデンウィークなにをしようか悩んでいる方がいればぜひこちらのイベントを候補に入れてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です