「四季折々の日本」季節ごとの様々な行事やイベントの情報をテーマにしたブログ

父の日に花の贈り物!プレゼントには黄色いバラの花の鉢植えがベスト!

2018/04/12

スポンサーリンク

 

 

母の日にはカーネーションが定番です。

これはもう有名ですよね。

 

一方父の日に黄色いバラを贈るということはあまり知られていません。

父の日は母の日と比べ存在感が薄いというのも関係していると思いますが…。

 

なぜ黄色いバラを送るのか、黄色いバラ以外の花でもいいのかということを紹介していきます。

父の日に黄色いバラの理由は?

そもそもなぜ父の日にバラの花であるのか、その理由をまず紹介していきます。

 

実は父の日よりも先に母の日が誕生しました。

母の日ができた当初、父の日はなかったんです。

「母の日があるのに父の日がないなんておかしい!」

と声を挙げた人物がいました。

 

その人物は自分の父が亡くなった月(6月)に教会に礼拝しに行きました。

その人物は父親のお墓に白いバラを置いたことから父の日にバラが贈られるようになったんです。

 

亡くなった人には白いバラを、生きている人には赤いバラを贈る風習が生まれました。

 

ではなぜ黄色いバラを贈るのか。

日本では昔から黄色は幸せの色の象徴とされてきました。

そのため日本では黄色いバラが贈られるようになったのです。

 

また黄色いバラを贈るのには、父の日イエローリボンキャンペーンから来ているという説もあります。

 

父の日イエローリボンキャンペーン、知っていますか?

父の日に黄色いリボンを付けたものを贈り感謝しましょうというキャンペーンです。

このキャンペーンも黄色が幸せの色であることから来ているようです。

 

といっても黄色いバラでなく赤いバラを贈っても問題はありません。それぞれの花言葉は、

  • 赤いバラ 愛情、情熱、あなたを愛しています
  • 黄色いバラ 友情、平和、献身

 

という意味があります。

献身には身をささげるという意味があります。

家族のために頑張る的な意味を込めて父の日に贈るのにぴったりとなっています。

バラの花以外におすすめの花は?

母の日にはカーネーションが定番ですが、カーネーション以外の花を贈っても問題ありませんよね。

同様に、父の日にもバラ以外の花を贈って問題ありません。

 

バラ以外の花を父の日に贈るのであれば、

  • ヒマワリ
  • ガーベラ
  • ユリ

がおすすめです。

 

ヒマワリ

黄色いバラが定番であるため、黄色い花を贈る人が多いようです。

ヒマワリの花言葉は憧れ、敬慕です。

父の日にプレゼントするのにぴったりな花言葉ですよね。

 

季節がまだ早いんじゃないの?

と思われるかもしれませんが花屋さんに行ってみるとヒマワリはあります。

 

ガーベラ

さまざまな色があるガーベラ。

ガーベラにも黄色いものがありますよね。

黄色いガーベラの花言葉は親しみやすさです。

スポンサーリンク

 

ガーベラをプレゼントする場合は、さまざまな色を組み合わせてプレゼントするといいでしょう。

 

ユリ

ユリは白い花です。

父の日のきっかけは白いバラを贈ったことから始まりました。

そのため白い花を贈るという人も少なくないようです。

 

ユリの花は高級感があるので、目上の方に贈る花としてぴったりです。

 

3つの花を紹介しました。

もちろんこれ以外の花を贈っても問題ありません。

お父さんが好きな花があれば好きな花を贈っていいでしょう。

喜んでもらえることが第一なので。

 

いろんな花を組み合わせて花束のようにしてもいいですね。

花屋さんに行くと予算内で花束を作ってくれるので行ってみることをおすすめします。

 

父の日に花を贈ろう!花束で?鉢植えで?

花をプレゼントするには2つの方法があります。

1つは花束、もう1つは鉢植えです。

 

花束は豪華な印象がありますよね。

花束ってもらう機会がないから貰えると嬉しいと思いますよ。

大きな花束でも予算に合わせて小さめでもいいと思います。

 

リボンを付けるなどしてかわいくラッピングしてもいいかもしれません。

 

鉢植えはもらってすぐそのまま飾ることができるので、花束のように花瓶に移し替えたりする必要がありません。

貰った側のことを考えると、花束よりも鉢植えの方がいいかなと思います。

 

鉢植えをプレゼントする場合は、あまり大きくないものをおすすめします。

大きい鉢だと処分に困るんですよね…。

お庭があったりガーデニングが好きだったりすると大きい鉢に入ったものでもいいかなとは思います。

 

花束か鉢植えかどうやってプレゼントしようか悩んでいる方は参考にして下さい。

 

筆者は父の日ではなく母の日ですが、

花をプレゼントする時は毎年鉢植えで贈っています。

もらってすぐに飾れるって嬉しいと思うんですよね。

花瓶に移し替える作業ってかなり面倒なんですよね。

そのため鉢植えがおすすめです。

 

まとめ

  • 父の日のプレゼントに花を贈る場合について紹介していきました。
  • 黄色いバラを贈る風習がある
  • 黄色は幸せの色の象徴として親しまれている色である
  • 黄色いバラ以外ではヒマワリやガーベラ、ユリがおすすめ
  • 単体ではなく他の花と組み合わせてもOK
  • 花束でも鉢植えでもどちらでもOKだが手間がかからないので鉢植えがおすすめ

 

いかがでしたか?

母の日に花を贈る人は多いです。

ぜひ今年の父の日には母の日同様、花をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

 

なかなか花ってもらわないと思うんです。

だからこそ、プレゼントしたら喜ばれると思いますよ。

 

<関連記事>

父の日に喜んでもらえるプレゼントは?おすすめプレゼントを紹介!

母の日にカーネーションを贈るのはなぜ?色による花言葉の違いは?

父の日はなにをする?おすすめのお祝い方法を紹介

父の日に手紙を書こう!文例を紹介!手紙が一番嬉しい贈り物かも!?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です