「四季折々の日本」季節ごとの様々な行事やイベントの情報をテーマにしたブログ

えびの京町温泉夏祭り花火大会2018!宮崎の花火大会のトップを飾る!

2018/06/02

スポンサーリンク

 

宮崎県では毎年夏になるとさまざまな花火大会が開催されています。

花火は夏の風物詩であるため、毎年楽しみにしている人は多いのではないでしょうか。

 

今回は宮崎県で開催される花火大会のトップバッターを飾る

「えびの京町温泉夏祭り花火大会」

について、見どころや穴場情報について紹介していきます。

宮崎・えびの京町温泉夏祭り花火大会の基本情報

  • 名称 第22回えびの京町温泉夏祭り花火大会
  • 日程 2018年7月14日(土)
  • 時間 18:00~22:00
  • 会場 京町温泉川内川河川敷
  • 住所 宮崎県えびの市向江 京町温泉川内川河川敷

リンク: https://goo.gl/maps/oqest7QJrQF2

 

  • 花火打ち上げ数 4,000発
  • 打ち上げ時間 20:30~21:00
  • 問い合わせ 0984-35-3838(えびの市観光協会)

 

えびの京町温泉夏祭り花火大会は、宮崎県で一番早く開催される花火大会として知られています。

こちらの花火大会は毎年学生たちの夏休みの前に開催されているため

この花火大会が開催されると「もうすぐ夏休みだな~」なんて思うものです。

 

一番の見どころは花火ですが、毎年ステージではさまざまな催し物が開催されています。

こうしたステージイベントもお祭りを盛り上げてくれるためいいですよね。

 

えびの京町温泉夏祭り花火大会の見どころは?

見どころは、やはり夏の風物詩である花火でしょう。

宮崎の夏のトップバッターを誇る花火大会であるため、毎年多くの人が訪れ花火を楽しんでいます。

 

2017年に開催された花火大会の人では約7,000人でした。

今年もおそらくこれくらい、いやこれ以上に多くの人が訪れることとなるでしょう。

 

えびの京町温泉夏祭り花火大会の花火は、約4,000発。

尺玉やスターマインといった見ごたえ抜群な花火を見て楽しむことができます。

 

花火は川内川河川敷の対岸から毎年打ち上げられているのですが、

川幅が広くないため、まるで空の上から火の粉が降ってくるかのような迫力ある花火を楽しむことができるんです。

 

高い建物などがないため会場内であれば、どこからでもきれいに花火を見ることできるのも特徴です。

次ではおすすめの観覧スポットについて紹介していきます。

 

おすすめの観覧スポットは?穴場はあるの?

屋台などがあるエリアのすぐ近くに芝生広場のようなものが用意されているのですが、

そこにレジャーシートを敷いて花火を見ている人が多いです。

 

ゆっくり座って花火を鑑賞することができるのって、子供連れの方には特に嬉しいですよね。

屋台で好きな食べ物を買って食べながら花火鑑賞なんて最高です!

 

この場所でゆっくり座って花火を見るのがおすすめですが、

やはり絶好のスポットであるため毎年たくさんの人がいます。

 

早い時間から場所取りをしている人もいますので、

早く行けなかったためにいい場所が残っていなかった…なんてことも。

 

そこでおすすめしたいのは穴場スポットです。

 

会場には人が多いため混雑が苦手という人にもぜひおすすめしたいスポットとなっています。

 

・岡松神社

会場のすぐ近くにある神社で、地元の人が来るくらいのスポットなので静かに花火を楽しむことができます。

スポンサーリンク

神社なので騒がないよう静かに見て下さいね。

 

・京町観光ホテル

ホテルに宿泊しのんびりと花火鑑賞もおすすめです。

子供が小さいと夜に外に連れ出すのが難しかったりします。

ホテルなら寝てしまっても安心なので、小さい子供連れの方におすすめしたいです。

 

毎年早くに予約が埋まってしまうようなので早めに問い合わせてみましょう。

ホテルに宿泊するのであれば駐車場の心配も帰りの混雑も心配する必要がありません。

 

トイレや屋台はあるの?

トイレ情報についてですが、仮設トイレを8基会場内に設置しています。

来場人数に対しトイレの数が少ないため注意するようにして下さい。

 

屋台についてですが、先ほども少し触れましたがたくさん並んでいます。

宮崎県といえば地鶏ですよね!

もちろん地鶏も販売されていますので要チェックです。

 

人気の屋台は並ぶこともありますので、子供連れの方が待機係と屋台係に分かれるようにした方がよさそうです。

その方が迷子になる心配もないかなと思います。

 

アクセス・駐車場情報について

アクセスについてですが、最寄り駅であるJR「京町温泉駅」から会場までは徒歩約10分となります。

徒歩10分なので充分歩いてアクセスすることができますよね。

毎年歩いて会場へ向かう人が多いようです。

 

駐車場は800台用意されているのですが、早い時間には埋まってしまいます。

 

毎年会場周辺は交通規制されます(18:30~22:30)

 

そのため駐車場の利用を考えている方は、18:30までには会場にアクセスしていた方がいいでしょう。

 

ボランティア募集!

えびの京町温泉夏祭り花火大会では毎年花火大会のボランティアスタッフを募集しています。

ボランティアなのでもちろん報酬は発生しませんが、花火大会に関わることができるためぜひ地元の人は一度参加して欲しいなと思います。

 

ボランティアの内容は主にゴミ拾いです。

ゴミは捨てないようにと毎年注意はありますが、悲しいことに守れない人って多いんですよね…。

 

まとめ

  • 2018年は7月14日(土)宮崎県でトップバッターの花火大会
  • 約4,000発もの花火が打ち上がる
  • 尺玉やスターマインなど見所満載の大迫力な花火を楽しめる

 

  • 芝生にレジャーシートを敷いてのんびり見よう
  • ホテルに宿泊して優雅に楽しんでもいいかも
  • 屋台はたくさん出店される宮崎グルメを楽しもう!

 

  • 京町温泉駅から徒歩約10分歩いてのアクセスがおすすめ
  • 18:30~22:30から交通規制が始まるため混雑する
  • ボランティアとして参加することができる

 

いかがでしたか?えびの京町温泉夏祭り花火大会について知ることができましたね。

宮崎県で人気の花火大会であるためかなりの混雑が予想されますが、ぜひ家族みんなで宮崎の夏を感じに花火を見に来てみてはいかがでしょうか。


<関連記事>

花火大会2018・九州の記事一覧

 

みやざき納涼花火大会2018・見どころ!穴場、アクセス、駐車場情報など

みやざき青島国際ビール祭2018・花火など見所を紹介!

都城市高城観音池まつり2018・日程と見所は!?駐車場情報や穴場も

宮崎・つの町民花火大会2018は穴場!?見どころやアクセス情報・トイレは?

油津港まつり2018花火大会・メッセージ花火でプロポーズ大作戦!?

まつりのべおか花火大会2018・日程と見どころ!駐車場は?穴場スポットや有料席は?

第45回やまびこ花火大会2018(宮崎県西米良村)見どころと穴場情報!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です