「四季折々の日本」季節ごとの様々な行事やイベントの情報をテーマにしたブログ

長崎 鹿町ふるさと夏まつり2018は花火大会の穴場・水中花火は必見!

2018/06/06

スポンサーリンク

 

長崎県佐世保市で毎年開催されている「町ふるさと夏まつり」。

地元の人を中心とした花火大会で、アットホームな感じが心地よいそんな花火大会となります。

 

今回は長崎の花火大会の穴場である「鹿町ふるさと夏まつり」の見どころや、

どのような花火大会であるのかについて紹介していきます。

 

ぜひチェックして夏のお出かけの参考にして下さい。

長崎・鹿町ふるさと夏まつりの基本情報について

  • 名称 鹿町ふるさと夏まつり
  • 日程 2018年8月13日(月)
  • 時間 17:30~21:30
  • 会場 佐世保市役所鹿町支所周辺
  • 住所 長崎県佐世保市鹿町町下歌ヶ浦290−2


リンク:https://goo.gl/maps/yMK1eRQBtPJ2

 

  • 花火打ち上げ数 約1,200発
  • 花火打ち上げ時間 21:00~21:30
  • 問い合わせ 0956-77-4111(鹿町の海と山交流会・事務局)

 

当日が小雨であればそのまま開催されますが、荒れた天気の時は延期となります。

延期日は8月14日(火)となるようです。

 

鹿町ふるさと夏まつりの見どころについて

花火の見どころ

鹿町ふるさと夏まつりは、30分間に1,200発もの花火が打ち上がります。

打ち上げ花火に水中花火、ナイアガラ花火まで楽しむことができるんです。

 

特に注目してもらいたいのが水中花火で、毎年水中花火の時には歓声が上がります。

 

30分間という短い時間ではありますが、充実した内容となっています。

 

花火以外の見どころ

鹿町ふるさと夏まつりの一番の見どころは花火ですが、花火以外にも見どころはあります。

  • 盆踊り大会
  • お楽しみ抽選会
  • カラオケ大会

 

などが開催されます。

盆踊りは自由に参加することができますので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか!?

盆踊りも花火同様夏の風物詩となります。

 

盆踊りって「踊り方知らないし…」と敬遠されがちですが、踊りを知らなくても問題ありません!

 

前に居る人の動きをなんとなく真似すればOK(笑)

踊っていくうちに体が覚えていきますので、ぜひ参加して下さいね。

 

鹿町ふるさと夏まつり・観覧場所は?穴場スポットは?

鹿町ふるさと夏まつりには有料席はありません。

そのためいい場所で花火を見たいのであれば早い時間から場所取りをしておく必要があります。

 

観覧場所

花火の観覧スポットですが、海岸沿いであればどこからでも花火を見ることができます。

海岸沿いにレジャーシートを敷いたり椅子を置いたりして見ている人が多いようです。

くれぐれもマナーを守って場所取りを行うようにして下さい。

 

場所取りがうまくできなくても心配する必要はありません。

 

鹿町ふるさと夏まつりは人出が毎年3,000人程と、大規模な花火大会と比べると人が少ない

「穴場の花火大会」となっています。

 

そのため会場でも充分花火を楽しむことができるといえるでしょう。

穴場スポットは?

穴場スポットも紹介しておきますね。

 

長串山つつじ公園

会場からはやや遠い所にある公園ですが、

広々とした公園なのでレジャーシートを広げてゆっくり花火を見てもいいですよね。

 

公園のおすすめポイントはトイレ、駐車場があることです。

スポンサーリンク

子供連れの方には混雑する会場よりも、人の少ないスポットの方が

気を遣わずに花火を楽しむことができるのでおすすめです。

 

鹿町海洋スポーツ基地

会場から近く、迫力ある花火を楽しむことができるおすすめの穴場スポットです。

 

大規模な花火大会と比べると人は少ないですが、やはりそれなりには混雑します。

混雑を避けたい人には穴場スポットがおすすめです。

 

しかし穴場スポットで花火を観覧する場合、

鹿町ふるさと夏まつりの見どころの一つである「水中花火」を見ることができません。

 

 

水中花火とは、台船などから水中に向かって斜めに点火した花火を打ち込んでいく花火です。

そのため会場でないときれいに見ることができません。

そこらへんのことも考えながら観覧スポットを探すようにしましょう。

 

屋台やトイレは?

屋台はステージのある広場に並んでいます。

 

夏の屋台の定番であるかき氷を始め、さまざまな屋台・露店が並ぶのでぜひ行ってみてはいかがでしょう。

 

トイレは仮設トイレが設置されることと思います。

どこに設置されるのかまだ分かりませんが、おそらくステージのある広場の端に置かれるのではないでしょうか。

 

こうした花火大会で困るのがトイレなんですよね…。

数が少ないので並ぶことが多いです。

 

子供が小さい場合はトイレの近くやトイレのあるスポットで花火を鑑賞するのがいいのかなと思います。

 

アクセス、駐車場、混雑状況について

会場の最寄り駅となるのは松浦鉄道「江迎鹿町駅」です。

 

最寄り駅から会場までは徒歩約7分となっていますので電車を使ってのアクセスをおすすめします。

 

毎年お祭り当日には駅に多くの人が訪れ、みんな会場まで歩いています。

浴衣を着た女の子たちが歩いている様子を見て「夏だな~」と地元の人は思うんだとか。

鹿町ふるさと夏まつりは地元の人たちにとっての夏の風物詩ですもんね。

 

駐車場情報についてですが、無料駐車場を200台用意しています。

しかし200台の駐車場はあっという間に満車になってしまいます。

 

また会場周辺は毎年混雑しますので、車ではなく電車を利用して歩いてのアクセスがいいかなと思います。

子供連れだと子供がずっと歩くのは大変ですよね。会場は割と広いので、小さい子の場合はベビーカーやバギーを持参して行かれることをおすすめします。

 

まとめ

  • 2018年8月13日(月)に開催
  • 1,200発もの花火が30分間の間に打ち上がる水中花火は必見
  • 会場となる海岸沿いで花火を見るのがおすすめ

 

  • 盆踊り大会も見逃せない参加自由!
  • 江迎鹿町駅から徒歩約7分とアクセスしやすいのが特徴
  • 駐車場は無料駐車場を200台用意

 

いかがでしたか?アットホーム感がやや強い花火大会ではありますが、

穴場の花火大会で駅からアクセスしやすいため、ぜひ家族みんなで花火を見に出かけてみてはいかがでしょうか。


<関連記事>

花火大会2018・九州の記事一覧

長崎・マリンフェスタinくちのつの見所とアクセスや駐車場情報、屋台やトイレも

長崎・させぼシーサイドフェスティバル2018の基本情報と見所!穴場に駐車場混雑状況まで

長崎・おおむら夏越花火大会2018の二尺玉は圧巻!見どころ穴場スポットを紹介

長崎・平戸港夏祭り2018の日程・見どころは花火だけじゃない!?

長崎・島原温泉ガマダス花火大会2018の日程!見どころ穴場に屋台情報も!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です