「四季折々の日本」季節ごとの様々な行事やイベントの情報をテーマにしたブログ

長崎・島原温泉ガマダス花火大会2018の日程!見どころ穴場に屋台情報も!

2018/06/07

スポンサーリンク

「島原温泉ガマダス花火大会」は島原湾で夏休みの最後に開催される花火大会です。

 

今年で26回目を迎える花火大会で、

始まりは平成5年、雲仙普賢噴火災害からの復興と観光活性化を祈願し開催されたのがきっかけです。

 

ガマダスとは島原の方言でがんばるという意味があるんだそうです。

今では島原の夏の風物詩となっています。

 

今回はそんな島原温泉ガマダス花火大会について紹介していきます。

長崎・島原温泉ガマダス花火大会の基本情報について

  • 名称 第26回島原温泉ガマダス花火大会
  • 日程 8月30日(木)
  • 会場 島原港
  • 住所 長崎県島原市下川尻町7−5

リンク:https://goo.gl/maps/4A2xGTuqLc12

 

  • 花火打ち上げ数 約5,000~6,000発
  • 花火打ち上げ時間 20:30~21:20
  • 問い合わせ 0957-62-3986(島原港観光案内所)

 

島原温泉ガマダス花火大会は今年で第26回目の開催となります。

2018年の情報がもう公開されており、今年は8月30日(木)と夏休みの終わりに開催されるようです。

 

もし当日雨が降った場合は次の日である8月31日(金)に延期となります。

 

島原温泉ガマダス花火大会の見どころは!?

島原温泉ガマダス花火大会は、島原半島最大規模の花火大会であり毎年5,000~6,000発もの花火が打ち上がります。

 

大玉打上5号~10号玉、彩色千輪、空中ナイアガラ、水中花火、ワイドスターマイン、フィナーレの15号玉など次々と見ごたえある花火が打ち上がるのが特徴です。

 

島原港が会場であり花火は海上で打ち上がるため、夜空だけでなく海面にも花火が映し出されとてもきれいなんですよ!

 

また花火大会なのでつい花火だけに注目しがちですが、

島原温泉ガマダス花火大会といえば屋台・露店も見どころとなります。

 

毎年、島原港前を通る251号線約800mが歩行者天国となり、

普段は道路のところにずらっと屋台・露店が並びます。

その数はなんと100にもなるんだとか。

 

夏の花火大会の定番であるかき氷や冷やしパイン(きゅうり)また焼き鳥やたこ焼き、やきそばまでおいしい屋台グルメを堪能することができるのも魅力です。

有料席はあるの?穴場スポットについても!

島原温泉ガマダス花火大会には残念ながら有料席はありません。

島原港が会場であるため、毎年海岸沿いにたくさんの見物人が集まっています。

 

穴場スポットについて

「混雑する中で花火は見たくない!」という方のために、おすすめの穴場スポットをここでは紹介していきます。

 

島原外港緑地公園

海岸の近くにある公園であるため迫力ある花火を楽しむことができます。

公園なのでトイレも設備され、広々としているので子供連れの方におすすめです。

 

ひょうたん池公園

こちらはやや会場からは離れますが充分花火を堪能することができます。

 

眉山治山記念公園

会場から距離がだいぶ離れるため人も少ないです。

広いのでレジャーシートを敷いてのんびり花火を楽しむことができるスポットであると言えるでしょう。

 

子供連れの方には、トイレが設備されており広々とスペースが取れる公園で花火を楽しむことをおすすめします。

 

もちろん駐車場もあるため車でアクセスしやすいという点でもおすすめです。

スポンサーリンク

 

アクセス、駐車場情報、混雑状況について

アクセス情報

最寄り駅は島原鉄道「島原外港駅」となっており、最寄り駅から会場までは歩いて3分となります。

歩いて3分というアクセスしやすい立地で開催されるため、多くの人が電車を使ってアクセスしています。

1年で最も駅の利用者が多い日なんだとか。

 

駐車場情報

駐車場情報についてですが、会場となる島原港にはコインパーキングがあります。

しかし駐車台数が多くなくまた会場のすぐ近くということもあり毎年お昼にはもう満車になるんだとか。

そのためコインパーキングの駐車は難しそうです。

 

島原温泉ガマダス花火大会では、周辺に臨時の駐車場を用意しています。

  • 島原城 120台 
  • 島原市役所大手浜駐車場 90台 
  • 島原市霊丘公園体育館 50台 
  • 島原海浜公園 200台
  • 島原復興アリーナ 300台

 

これらの駐車場を利用することができるので、車でアクセスする方は利用するようにして下さい。

 

会場から近い駐車場は島原城、島原市役所大手浜駐車場の2つです。

そのため毎年こちらの駐車場が混雑するようです。

 

混雑状況

混雑状況についてですが先ほど紹介しました通り、島原港前を通る251号線が800mほど歩行者天国になります。

そのため会場周辺が毎年大変混雑します。

 

そのため車でアクセスするという方は渋滞を覚悟してアクセスするようにしましょう。

 

トイレはどこにある?

島原温泉ガマダス花火大会のトイレ情報について最後に紹介していきます。

トイレは常設トイレを2ヶ所、仮設トイレを4ヶ所用意しています。

 

常設トイレは1つ雲仙復興事務所です。

こちらの事務所は1階のトイレのみを開放しています。

トイレのみの利用ですので駐車場などは利用できません。

 

でもトイレを利用できるって嬉しいですよね。

意外に知らない人が多い穴場のトイレです。

 

こうした会場のトイレは並んでいることが多いので子供連れの方は子供が「おしっこー」と言い出す前にトイレに連れて行くことをおすすめします。

 

まとめ

  • 2018年8月30日(木)に開催予定
  • 5,000~6,000発もの見ごたえある花火を楽しむことができる
  • 251号線が歩行者天国になり屋台・露店が100以上並ぶ

 

  • 島原市にある公園が穴場スポットとしておすすめ
  • 会場周辺に臨時駐車場を用意
  • トイレは常設2ヶ所、仮設4ヶ所

 

いかがでしたか?島原温泉ガマダス花火大会は島原市の夏を代表する花火大会です。

歩行者天国となり屋台・露店は大変混雑しますがその混雑すら楽しいです。

ぜひ夏休み最後の思い出作りにみんなで出かけてみてはいかがでしょうか。


<関連記事>

花火大会2018・九州の記事一覧

長崎・マリンフェスタinくちのつの見所とアクセスや駐車場情報、屋台やトイレも

長崎・させぼシーサイドフェスティバル2018の基本情報と見所!穴場に駐車場混雑状況まで

長崎・おおむら夏越花火大会2018の二尺玉は圧巻!見どころ穴場スポットを紹介

長崎 鹿町ふるさと夏まつり2018は花火大会の穴場・水中花火は必見!

長崎・平戸港夏祭り2018の日程・見どころは花火だけじゃない!?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です