「四季折々の日本」季節ごとの様々な行事やイベントの情報をテーマにしたブログ

七五三はいつ?由来や意味、初穂料、お祝い、など豆知識

2017/11/07

スポンサーリンク

七五三はお子様の成長を祝って神社にお参りする神事です。この時期はかわいいお子様が着飾って、親子でお参りする微笑ましい姿を見かけることが多いですね。

我が家でも数年前に緊張しながらお参りしました。初めての経験でどうすればよいか右往左往していたことを思い出します。

こちらでは七五三はいつ行うのか、由来や意味、初穂料、お祝いとお返し、喪中の場合は?について書いていきます。

 

1.七五三はいつ?由来は?

11月15日が子供の成長を祝って神社にお参りする日とされています。

江戸時代に始まった神事で、5代将軍・徳川綱吉が息子の徳松の健康を祈って始まったとされる説が有力です。

もともとは旧暦の11月15日でしたが、明治時代に新暦になってからも11月15日になりました。

旧暦の15日は何事をするのも吉であるとされていたため、そして11月は収穫の時期であったためだと言われています。

現代では神社にお参りする日はまちまちで、11月15日前後の土日や大安吉日、あるいは混雑を避けたりお子様の体調などを考えて、10月や12月にお参りすることもあるようです。

 

 

 

2.七五三とは?意味

数え年で男の子は五歳、女の子は三歳と七歳の年に子供の成長をお祝いして神社にお参りする神事です。

〇三歳は主に女の子が行う(男の子も行うところも多いようです。)「髪置きの儀」・・・この年から髪を伸ばし始める。

〇五歳は男の子が行う「袴儀」・・・男の子が袴を付けはじめる。

〇七歳は女の子が行う「帯解きの儀」・・・紐付きの着物に代わって、幅の広い大人と同じ本仕立ての着物と丸帯という装いをする。

 

最近では数え年ではなく、満年齢で行うケースも多くなりました。

神社に問い合わせても、お子様の状況などに合わせてどちらでも良いとする場合が多いようです。

 

 

3.お参りするには?

お参りするには日にちを決めて、神社に予約を入れます。

神社に着いたら、受付もしくは社務所にいきます。

申込用紙があれば記入して、祈祷料として初穂料を渡します。

 

 

4.七五三の初穂料(はつほりょう)

初穂とは、初めて収穫された稲穂の束のことで、その年に初めて収穫された稲穂や作物などを奉納して、神様に豊作の感謝を捧げていたことがはじまりとされています。

 

相場は5,000円から10,000円の場合が多いようです。

スポンサーリンク

3,000円からといったところもありますので、お参りする神社に直接問い合わせてみるのも良いかもしれません。

 

金封は紅白の蝶結びの水引と熨斗(のし)がついたものを用意します。

初穂料は熨斗(のし)袋の表面の水引の上部中央に

「御初穂料」と書いて用意しておきます。

その下はお参りするお子様の名前をフルネームで書きます。

中袋の表の中央に『金〇〇円也』と縦に書きます。中袋の裏には左側に住所と子供の姓名を書きます。

 

閉じるときはお祝い事ですので、先に上を折り曲げて後から下を折り曲げて下さい。

これは「お慶びを下から受けて、落ちないように」との願いが込められていると言われています。

 

ちなみに弔事の場合は、水引は白黒、下を先に折り、上を後から折ります。厄が下に落ちるように、という意味があると言われています。

 

最後に袱紗(ふくさ)に包んで持っていきます。

お参りした際は袱紗から取り出して、名前が相手側から読めるように向けて渡します。

 

5.お祝い金とお返し

お祝い金の相場は

・祖父母・・・10,000円~

・親戚・・・5,000円~10,000円

・ご近所、知人・・・3,000円~5,000円

ただし、お付き合いの親密度などで変わりますのであくまで参考程度に思っておいて良いです。

 

ご祝儀袋は紅白の熨斗(のし)付きを選びます。

表書きは

・全年齢共通:七五三御祝、祝七五三
・3歳:賀御髪置または御髪置御祝
・5歳:賀御袴着または御袴着御祝
・7歳:賀御帯解または御帯解御祝

と書くのが一般的です。

 

お祝いを頂いたらお返しが気になります。

本来は子供のお祝い事であることや、宴席に招待することでお返しはしなくて良いとされていたそうですが、最近ではお返しをするケースも増えているようです。

お相手との人間関係や、宴席に招待出来なかった場合は、頂いた金額の半分をお返しする事が一般的なようです。

 

 

6.喪中の場合はどうすれば良いの?

喪中の場合は、神社に問い合わせたところ「49日を過ぎれば大丈夫」という回答でした。

神社によって違うかもしれませんので、直接相談してみるのが良いでしょうね。

主役はお子様ですから、そう気にする必要も無いのではないでしょうか。

 

 

7.まとめ

地方によっては風習や習慣のちがうところもありますが、お子様の成長をお祝いする気持ちは全国共通ですよね。最低限のマナーを守れば、あまりかた苦しく考えなくても大丈夫です。良き日になりますように!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です