「四季折々の日本」季節ごとの様々な行事やイベントの情報をテーマにしたブログ

ボジョレー・ヌーボー!解禁前に知っておくと格好良い豆知識

2017/11/15

スポンサーリンク

11月といえば、祝日が多く秋の味覚も充実し、イベント毎が多いですが、

毎年11月の特大イベントといえば、やはり、

「ボジョレー・ヌーボ解禁」ではないでしょうか?

ボジョレー・ヌーボの解禁日は11月の第3週の木曜日。

 

ド平日なので、ぼーっとしていたら解禁日を過ぎていた、、、

なんていう経験も。

周りが盛り上がっているから、なんとなく楽しむ、、、

という方もいるのでは?

そもそもボジョレー・ヌーボとは?解禁日って??

 

今年の解禁日は、知っておくと話が膨らむ豆知識を抑えて

ボジョレー・ヌーボ解禁に備えてはいかかでしょうか。

 

ボジョレー・ヌーボと解禁日のはじまり

 

「ボジョレー」「ボジョレー」と言って、

安いスーパーでも高級店でも売り出し始めるこのワイン。

一体ボジョレーの定義とは何なのでしょう。

ワインの名前は、産地、――の組み合わせで呼ばれることが多いです。

 

最初にくる「ボジョレー」は、

フランス ブルゴーニュ地方の南にある産地の名称です。

この土地でつくられた葡萄を使用し、

フランスのワイン法に定められた基準を満たすワインが、

「ボジョレー」と名乗る資格があるのです。

 

続く「ヌーボー」は、その年に収穫した葡萄でつくり、

新酒として販売されるワインを指します。

 

つまり、お祭り騒ぎで多くの人が買い求める

「ボジョレー・ヌーボー」の人気は「ヌーボー」だからこそ!

なのです。

「ボジョレー」は産地を示すので、

私たちのイメージする「ボジョレー・ヌーボ―」以外にも

高級ワインとして輸入されるものもあります。

 

「ボジョレー」と「ボジョレー・ヌーボ―」、

勘違いしてしまうと少し恥ずかしいですよ。

 

ボジョレーのワインは、その特性

(原料ブドウがガメであること、気候が暖かく ワインの質も柔らかいものになること)

から収穫し醗酵した直後から楽しめると言われています。

さらに、当時はワインは出来立ての方が美味しい、

と評価されていたので、

ボジョレーワインの酒造元が我先に!

と新酒のワインを蔵出しし始めたのが、

「ボジョレー・ヌーボ―」の始まりです。

 

とにかく早く新酒を蔵出しするぞ!

という早出し競争が激しくなってくると、

品質の悪いワインも出回るようになりました。

そこで、1967年11月15日0時を解禁日と定め、

早出し競争ばかりに必死になるのを防止しました。

これが、「ボジョレー・ヌーボ―」の「解禁日」の始まりです。

 

パリでの解禁日には、ボジョレー・ヌーボを運ぶ多くのトラックで

パリの道路が大渋滞したそうです!

 

現在のように解禁日が第三木曜日となったのは、

解禁日が祝祭日になるのを防ぐためだそうです。

日本だったら、祝祭日に解禁日の方が、みんな喜びそうですが、、、(笑)

 

毎年高評価なボジョレー・ヌーボ。評価はどこから?

 

「10年に一度の出来」という響き、とても聞き覚えがありますよね?

ボジョレー・ヌーボーのキャッチコピーは毎年、大絶賛。

毎年毎年高評価で本当に美味しいのか信用できない!と思いませんか?

ボジョレー・ヌーボーのキャッチコピーをざっと振り返ってみましょう(笑)

 

  • 2000年・・・出来は上々で申し分の無い仕上がり
  • 2001年・・・ここ10年で最高
  • 2002年・・・過去10年で最高と言われた2001年を上回る出来栄え
  • 2003年・・・100年に一度の出来
  • 2004年・・・香りが良くなかなかの出来栄え
  • 2005年・・・ここ数年で最高
  • 2006年・・・昨年同様良い出来栄え
  • 2007年・・・柔らかく果実味が豊かで上質な味わい
  • 2008年・・・豊かな果実味と程良い酸味が調和した味
  • 2009年・・・50年に一度の出来栄え
  • 2010年・・・1950年以降最高の出来と言われた2009年と同等の出来
  • 2011年・・・近年の当たり年である2009年に匹敵する出来
  • 2012年・・・史上最悪の不作だが品質は良く健全。糖度と酸度のバランスが良く軽やか
  • 2013年・・・ブドウの収穫量は少ないが、みずみずしさが感じられる素晴らしい品質
  • 2014年・・・近年の当たり年である2009年と肩を並べるクオリティ
  • 2015年・・・我がワイン人生最良のヌーヴォー

 

なんだか笑ってしまうらいの大絶賛ぶりです。

スポンサーリンク

いったい誰がこんな評価を?と思うのですが、、、、

これはマーケティングのためであり、

プロによる味の評価などではありません。

例年実際に味の評価を行っているのは、

フランスの食品振興会(SOPEXA)のボジョレーワイン委員会です。

 

「SOPEXAは、フランスの農産物と農産加工物の宣伝を担う

フランスの機関です。

世界中に39ヶ所事務所があり、

日本をはじめ経済的に発展している国のほとんどに

スタッフがいます。

PR担当、見本市でのフランスブース担当、

マーケティング担当など、役割はいろいろです。

フランス政府の依頼で業務を行い、

フランス食品のイメージを世界中に広めています。

また、ワインやチーズ、肉や乳製品業界の団体から依頼を受けて、

SOPEXAの事務所がある国で

PRやキャンペーン、小さな見本市を開催します。」

引用:http://franc-parler.jp/spip.php?article821

 

フランス食品振興会は、

ワインの風味や味についてコメントを出しますが、

「これは美味しい」「美味しくない」といった評価ではないようです。

もしかすると、日本の事務所にいるマーケティング担当者による

キャッチフレーズなのかもしれません。

 

ボジョレー・ヌーボの飲み方、料理の選び方

せっかく手に入れたボジョレー・ヌーボー。

来年まで熟成させて、飲み比べてみよう、、、

と期待している方はいませんか?

 

とても残念ですが、

ボジョレー・ヌーボーは熟成するタイプではありません。

むしろ、売りである新鮮なフレッシュさが減ってしまいます。。。

 

これは、ボジョレー・ヌーボーに使われる葡萄の品種や作り方

(マセラシオン・カルボニック法)のためです。

なので、なるべく早めにフレッシュな状態を味わうのがベストです。

 

熟成させるタイプではないため、

渋みが少なく「初心者にもおすすめ」と言われます。

ワインを美味しく味わうには、料理との相性も手を抜けません。

一般的に、

ボジョレー・ヌーボーには、さっぱりとした料理が合うと言われています。

カルパッチョや、ラタトューユ、この季節なら生ガキなども。

 

ここでは、ワインに合う料理は、

ワインの成分との相性をみると良いという説を元に、

ボジョレー・ヌーボーに合う料理選びを考えてみましょう。

 

低い温度で旨くなる酸を多く含むワイン、

温かい温度で旨くなる酸を多く含むワインでは、

相性の良い料理が異なります。

 

例えば、温旨酸系のワインのブリュゴーニュ、ボルドー(赤)は、

魚なら、あじ、はまち、さんま、

肉なら、獣臭い肉、

調味料には、醤油、味噌、わさび、やマスタードなどが合います。

 

一方で、冷旨酸系のワインのゼクト、シャンパン、甲州シュールなどは、

魚なら、ひらめ、かれい、たこ、いか、

肉なら、鶏肉、馬刺し、豚ひれ肉

調味料には、塩やレモン、ポン酢など全体的にさっぱりした料理が合います。

 

ここで、ボジョレー・ヌーボーは

10℃前後の温度が最も美味しい温度と言われています。

この温度の分類だと、シャルドネやシャブリ、貴腐ワインと近い分類です。

のぼりカツオや中トロ、マトンと相性が良いはずです。

 

 

まとめ

 

ボジョレー・ヌーボとは、

フランスのボジョーレ地域で作られた今年の葡萄を使った新酒。

毎年11月の第三木曜日の0時に解禁。

 

毎年驚くほど高評価なキャッチコピーが付きますが、

マーケティングに振り回されずに自分の味で美味しさを確認しましょう!

ボジョレー・ヌーボーは、他の赤ワインより白に合うような料理がおすすめ。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です