「四季折々の日本」季節ごとの様々な行事やイベントの情報をテーマにしたブログ

【大分】原尻の滝に行くなら4月!チューリップフェスタへ行こう

2018/02/19

スポンサーリンク


原尻の滝は大迫力の滝のある道の駅です。

自然豊かでリフレッシュできる原尻の滝は、大分出身の筆者の定番ドライブスポットでした。

我が子(当時2歳半)を連れて遊びに行ったこともあります。

 

そこで今回は原尻の滝に子連れで行く時のポイントなどを紹介していきます。

原尻の滝基本情報

・名称 道の駅原尻の滝
・住所 大分県豊後大野市緒方町原尻

(クリックでGoogle Mapが開きます)

 

・アクセス 緒方駅から徒歩役36分
・営業時間(道の駅内)4・5・8月9:30~18:30
           1・2・12月9:30~16:30
           その他9:30~17:30
・料金 無料
・問い合わせ 0974-42-4140
・駐車場 無料250台

 

チューリップフェスタがおすすめ!

毎年4月に原尻の滝周辺でチューリップフェスタが開催されます。

2018年は4月7日(土)~20日(土)に行われます。

 

チューリップが見頃を迎える時期に毎年開催されているんです。

今年もきれいなチューリップを楽しむことができるでしょう。

 

チューリップフェスタではたくさんのチューリップを見ることができます。

なんと100種類40万本!

いろとりどりのチューリップがあちこちで咲いており写真を撮る人で溢れています。

ほんとに綺麗な光景なんです。

 

色とりどりのチューリップがあったり黄色×ピンクのかわいいチューリップがあったりといろいろな発見をすることができます。

 

筆者は約3年前、我が子が2歳の時に行きました。

正直子供が走り回るのでチューリップどころではなかったですが、

それでもきれいなチューリップと家族写真が撮れて楽しかったですよ。

 

開催期間中は100種類のチューリップをまるごと持って帰ることができるイベントや乗馬体験、スタンプラリーなどが開催されます。

土日にはステージイベントも。

 

チューリップフェスタの混雑状況をチェック

毎年たくさんの人が訪れるチューリップフェスタ。

駐車場は250台ありますが開催中は駐車場に駐車ができないことが多いです。

 

そのため臨時の駐車場がでます。

臨時の駐車場から会場までは遠いため臨時のシャトルバスがでます。

バスの料金は小学生以上100円です。

 

でも人が多いのでなかなか乗れないことも。筆者は歩きましたよ…。

大変だけど道中にチューリップを見ることもできるんで楽しく歩けたかなと思います。

 

シャトルバスの運行は2017年は4月1日、2日、8日、9日のみでした。

2017年は8日と9日限定で緒方駅からもシャトルバスも出ました。

車は駐車できない可能性が高いので公共機関を使っての利用をおすすめします。

 

チューリップフェスタ以外は?

チューリップフェスタがない時期でもドライブの休憩スポットとして人気があります。

スポンサーリンク

筆者もチューリップフェスタはもちろん、開催していない時期にも行ったことがあります。

 

原尻の滝といえばチューリップフェスタが有名ですが、でもやっぱりなんといっても見所は滝でしょう。

 

日本滝100選に登録されているほどで、大迫力の滝なんです!

 

幅は120mで高さは20mです。

原尻の滝は田園が広がるところにどーんと滝があります。

何とめずらしい光景を楽しむことができるんですよ。

 

ちなみにこの原尻の滝、2017年10月に世界最大の旅行サイト、トリップアドバイザーの「2017年エクセレント認証」に認定されました。

 

原尻の滝のちょうど正面にはつり橋があります。

つり橋から滝を見るとまた迫力があるんです。

しかし筆者は高所恐怖症のためつり橋はNGです。

そんな方は下から滝を正面で見ましょう。

 

滝のすぐ下には足場があるのでそこから見ることができます。

でも子供が小さいなら行かない方がいいかも。

もし落ちたら怖いですよね。

筆者は滝を遠くから子供と眺めていました(笑)

 

トイレ情報、ベビーカーは?

原尻の滝の駐車場は広々としています。

そのためチューリップフェスタの期間以外で車が駐車できないということはないと思って大丈夫です。

 

トイレは道の駅内、そして駐車場にあります。

トイレがたくさんあるので混みあわないのが嬉しいです。

道の駅内のトイレにオムツ交換台があります。

 

授乳室はありませんので、赤ちゃん連れの人は車で授乳やミルクをあげてから行くようにすることをおすすめします。

 

原尻の滝周辺は広く、また駐車場から滝までは歩くので(5分~10分くらい)ベビーカーがあった方がいいですよ。

ベビーカーなどのレンタルなどはないようなので自分で持っていきましょう。

 

道の駅内には地域の特産品などの販売やグッズの販売があります。

かわいいオリジナルキャラクターのグッズも販売しているんですよ。

レストランもあります。

レストランでは大分の郷土料理、団子汁やとり天を食べることができます。

 

まとめ

原尻の滝はおすすめのドライブスポットです。

  • 毎年4月にはチューリップフェスタが行われる
  • 100種類40万本ものきれいなチューリップを楽しむことができる
  • 開催期間中は臨時駐車場が出る
  • シャトルバスがあるが人が多いので乗れないかも
  • 歩いても行ける距離なので歩いてもいいかも
  • 子連れの場合はベビーカー必須
  • おむつ交換トイレは道の駅内にある
  • 授乳室はなし
  • チューリップフェスタがなくても楽しめる
  • 滝の迫力大分のグルメを楽しんで

 

大分でどこかドライブしたいなーと思う人はぜひ原尻の滝まで!

 

<関連記事>

【大分】ハーモニーランドは日本に2つしかないサンリオ達のテーマパーク!

【大分】うみたまごのあそび~ちは必見!イルカに会いに行こう!

【大分】高崎山は子供には危険!?気を付けることは?

【大分・別府】地獄めぐりに行こう!でも全部回るべき?

【大分・別府】ラクテンチで遊ぼう!名物のアヒル競争は必見!

【大分】城島高原パークで子供と一緒に楽しもう!3歳の子供も楽しめる!

【大分】日吉原レジャープールは滑り台と流れるプールが魅力的!

【大分】アフリカンサファリは九州唯一のサファリパーク!子連れでも楽しめる?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です