幼稚園児におすすめのお弁当箱のサイズを紹介!年少・年中・年長さん毎

お弁当にはさまざまなサイズのものがあります。

 

幼稚園児のお弁当はどのくらいのサイズのものがいいのだろうかと悩んでいるママは少なくないのではないでしょうか。

 

今回は幼稚園児におすすめのサイズのお弁当箱、選び方について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

幼稚園年少さんの場合のお弁当箱のサイズは?

幼稚園年少さんということは3歳~4歳の子供ということになります。

 

このくらいの子は食べる量に個人差があるため、子供の食べきることができるサイズのお弁当箱を選んで購入してあげるようにする必要があります。

 

 

幼稚園の給食の時間は決められているので、決められた時間内に無理なく食べることができる量を選んであげるようにして下さいね。

 

 

一般的に年少さんにおすすめのサイズは

 

小食の子で250ml~280ml、

普通~よく食べる子で300ml~350mlくらいとなっています。

 

 

幼稚園に入園する前にどのくらいの量を食べることができるのか、250mlなど小さいサイズのお弁当箱を購入して一度見てあげて下さい。

 

 

入園して最初は緊張などもあるので普段よく食べる子でも少ししか食べないというケースもあります。

 

そのためスタートは小さいサイズをおすすめします。

 

 

慣れてきてからお弁当箱のサイズをアップしてあげるといいですね。

 

子供が「もっと食べたい」と言えばもちろんサイズアップしてもらって構いません。

 

 

幼稚園年少さんのお弁当箱はどう選ぶ?

 

幼稚園年少さんの時に使った小さめサイズのお弁当箱は長くは使いません。

 

そのためその時に好きなものでOKです。

 

〇〇レンジャーやプリキュアなど今しか放送されないキャラクターでもいいのではないでしょうか。

 

 

幼稚園年少さんの場合は子供が開け閉めしやすい蓋のお弁当箱を購入するようにしましょう。

 

 

両脇にパッキンがついているお弁当箱が定番ではありますが、まだ上手に開けることができない可能性があります。

 

入園前にお弁当箱をあける練習しておきましょう。

 

 

練習してもうまくできない場合は、蓋を被せるタイプのお弁当箱を選んで使用するようにしたほうが良いですね。

 

練習して上手にできるようになればパッキンタイプに変えてもいいですからね。

 

 

スポンサーリンク

幼稚園年中さんの場合のお弁当箱のサイズは?

幼稚園生活にも慣れてきてお弁当を食べるのにも慣れてきた幼稚園年中さん。

 

年中さんでも個人差はありますが小食の子でも300mlの容量はあった方がいいかなと思います。

 

 

一般的な幼稚園年中さん(4歳~5歳児)のお弁当箱のサイズは360mlくらいです。

 

しかしこのサイズよりも小さいからといって気にする必要はありません。あくまで平均の話です。

 

 

360mlのお弁当箱は、仕切りがついているものが多いです。

 

仕切りがついているものはご飯とおかずをしっかり分けることができるのでお弁当を詰めやすいとママたちに評判です。

 

 

仕切りは取り外しが簡単にできるようになっているので使用しなくても問題ありません。

 

仕切りを外した方がご飯やおかずをたくさん積めることができます。

 

たくさん食べる子であれば量が欲しいはずなので仕切りはいらないかもしれませんね。

 

 

幼稚園年中さんになれば両脇にパッキンの付いたお弁当でも上手に扱うことができるようになるはずです。

 

360mlのお弁当箱を購入する場合は、幼稚園年長さんまで使うことを考えて一年で変わるキャラクターものはやめておきましょう。

 

 

ちなみにこのくらいの子に人気のキャラクターは男の子であればトーマスやカーズ、ドラえもんなどが人気です。

 

女の子はキティーちゃんやマイメロディー、ディズニープリンセスなどです。

 

 

キャラクターのお弁当箱は100円均一でも購入することができるんです。

 

360mlのお弁当箱は比較的に多くどこでも販売されています。

 

安く購入できるのであれば安いにこしたことはないですよね。ぜひチェックしてみて下さい。

 

 

幼稚園年長さんの場合のお弁当箱のサイズは?

幼稚園年長さんになれば食べる量も増えてくることです。

 

食べる子は小学生と同じくらい食べる子もでてきます。

 

 

一般的に幼稚園年長さん(5~6歳児)にお弁当箱のサイズは「400ml~450ml」となっています。

 

360mlを引き続き使っている子もたくさんいるのでサイズは気にしないで下さいね。

 

 

幼稚園年長さんになればキャラクターものを卒業する子も増えてきます。

 

小学生になっても使うことを考えるのであればキャラクターもののお弁当箱はおすすめしません。飽きてしまうことが考えられるからです。

 

 

そのため幼稚園年長さんでお弁当箱を新しく買うのであればシンプルなものを購入するようにしましょう。

 

無地のものやボーダー、水玉模様などのお弁当箱であれば問題なく小学校へ行ってもそのまま使うことができます。

 

 

もちろん子どもが「〇〇のがいい」と言っていたら無理して小学生のことまで考える必要はありません。

 

消耗品ですので、1年使えたらいいかと割り切りましょう。

 

 

小学生向けにと思って新しいお弁当箱を買っても壊れてしまうかもしれませんし。

 

スポンサーリンク

まとめ

幼稚園児のお弁当箱のサイズについて紹介していきました。

 

  • 幼稚園年少さんは少量サイズからスタートがおすすめ
  • 年中、年長となるにつれサイズアップが基本だが個人差がある
  • 幼稚園年少さんは蓋のパッキンは練習しておこう
  • お弁当箱を購入する時は基本は好きなものを選ばせてあげよう
  • 年長の場合長く使わせるならシンプルなものがおすすめ

 

いかがでしたか?

あくまで一般的な話なので平均よりもサイズが小さいと思っても心配しないで大丈夫です。

 

 

お弁当を楽しい気分で食べることができるように、お弁当箱を購入する時は一緒に選んで買うようにしましょう。

 

 

<関連記事>

幼稚園年少さんのお弁当作りの注意点やコツを紹介!

キャラ弁初心者でも簡単に作れる!?キャラ弁の基本を紹介します!

保育園・幼稚園の遠足のお弁当を作ろう!簡単にできるレシピを紹介!

運動会のお弁当を作ろう!簡単レシピを紹介!ソーメンが人気上昇中!?

 


 



スポンサーリンク
 



にほんブログ村

   未分類 

スポンサーリンク




お得に遊ぶ予約サイトasoview!
U-NEXT
<hulu>2週間無料トライアル
<広告>
スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

ページの先頭へ