「四季折々の日本」季節ごとの様々な行事やイベントの情報をテーマにしたブログ

今日は何の日?3月23日「世界気象デー」「乳酸菌の日」など

2018/03/21


3月23日は何の日?

「世界気象デー」

毎月23日が記念日

「乳酸菌の日」

「不眠の日」

「国産小ねぎ消費拡大の日」

です。

 

それぞれの記念日について解説しています。

ちょっと役立つ豆知識としてお使いください。

 

スポンサーリンク

「世界気象デー」

1950年3月23日、世界気象機関条約が発効し、国連の専門機関、世界気象機関(WMO)が正式に発足したことを記念して、1960年に制定された日。

日本は1953年に加盟しました。

 

毎年キャンペーンテーマを設け、気象業務への国際的な理解の促進に努めています。

2018年のテーマは、「気象・気候への適切な備え」。

 

なお、日本では 6月1日を気象記念日としていますが、これは 1875年6月1日に東京気象台で気象観測が開始されたのを記念し、1942年に制定されたものです。

 

 

世界気象機関(World Meteorological Organization : WMO)の概要

設立目的: 気象業務に関する国際的な調整・標準化・改善や、 気象情報の交換促進

設立日: 1950 年(昭和 25 年)3 月 23 日 

事務局所在地: スイス・ジュネーブ 

加盟構成員: 185 か国・6 領域 (我が国は 1953 年(昭和 28 年)に加盟) 

ホームページ: https://public.wmo.int/en

 

引用元:気象庁「3月23日は世界気象デー」報道発表

www.jma.go.jp/jma/press/1803/14b/wmo_180314.pdf

 

スポンサーリンク

毎月23日が記念日

「乳酸菌の日」

「不眠の日」

「国産小ねぎ消費拡大の日」

詳細記事はコチラ

 

 

今日は何の日?と思った時に参考にして下さい。

3月の記念日一覧はこちら

毎月ある記念日一覧はこちら

 

⇦3月22日は何の日?  3月24日は何の日?⇨



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です