祝日一覧(年間)その意味と由来。祝日と祭日との違いは?

1年間の祝日を一覧にまとめました。

 

そして、その祝日の意味と由来も簡潔ではありますがまとめております。

 

最後の項目では、祝日と祭日の違いの解説もしております。ぜひ参考になさってみて下さい。

 

スポンサーリンク

1.元日(1月1日)

  ・・・年の初めを祝う。(祝日法の定め。以下同じ)

 

 

 元日の早朝にはまだ暗いうちから、天皇陛下が一年間の豊作と無病息災を祈る四方拝という祭祀を行います。

 

そのため、戦前は「四方節」と呼ばれていました。

 

 

日本古来のお正月は、新年を迎えるとともに年神様や祖先の霊を迎える『霊(タマ)祭り』の行事でした。

 

しかし、やがて祖霊を迎えるお祭りはお盆やお彼岸などのほうが盛んになり、お正月は年神様や氏神・産土神のお祭りとなりました。

 

 

ちなみに、元旦とは本来、元日の朝のことを言います。

 

2.成人の日(1月の第2月曜日)

  ・・・大人になったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます。

 

 

かつて元服の儀式を1月15日(小正月)に行っていたことから、この日が成人の日とされました。

 

 

平成11年(1999年)までは、1月15日でしたが、ハッピーマンデー制度(月曜日を祝日として3連休を作る制度)の導入によって、平成12年(2000年)から1月の第2月曜日になりました。

 

 

スポンサーリンク

3.建国記念の日(2月11日)

  ・・・建国をしのび、国を愛する心を養う。

 

 

日本書紀によると、旧暦の1月1日に初代天皇、神武天皇が即位なされたとあり、新暦になおすと2月11日となることが由来。

 

戦前は「紀元節」と呼ばれていました。

 

 

「建国記念日」は法律の記載上は間違いで、正しくは「建国記念の日」です。

 

「の」が入った理由は複雑な事情がありました。ここでは触れません。

 

 

西暦紀元前660年のこの時を元年とする年の数え方を皇紀といいます。

 

平成29年は西暦2017年、皇紀2677年となります。

 

 

4.春分の日(3月20日or21日)

・・・自然をたたえ、生物をいつくしむ。

 

 

戦前は、春季皇霊祭という祭日で、宮中では現在も歴代の天皇や皇族を祀る儀式が行われています。

 

この日付は、前年の2月に国立天文台の算出した春分日で20日か21日になります。

 

 

スポンサーリンク

5.昭和の日(4月29日)

  ・・・激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。

 

 

4月29日は、もともと昭和天皇が皇位にあるときは天皇誕生日でした。

 

しかし、昭和天皇の崩御に伴い、天皇誕生日は今上天皇陛下の誕生日である12月23日に移されました。

 

 

昭和天皇の崩御の後、昭和天皇の御誕生日を祝日にしようと「昭和記念日」等の祝日の制定を目指しましたが、実現せず「みどりの日」となりました。

 

 

「みどりの日」が平成19年(2007年)の祝日法の一部改正により、「昭和の日」と呼ばれるようになりました。

 

ちなみに「みどりの日」は5月4日に移されています。

 

 

6.憲法記念日(5月3日)

  ・・・日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。

 

 

現行の日本国憲法は、昭和21年11月3日に公布され、5月3日に施工されました。

 

11月3日は明治節であり、明治天皇ゆかりの日であるため、施工日の5月3日とされました。

 

 

スポンサーリンク

7.みどりの日(5月4日)

  ・・・自然に親しむとともに、その恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。

 

 

4月29日をみどりの日から昭和の日に改称するにあたり、みどりの日を5月4日に移したものです。

 

もともとは国民の休日と呼ばれ「休日と休日にはさまれた日は休日にする」という法律によって実質的には休日でした。

 

 

スポンサーリンク

8.こどもの日(5月5日)

  ・・・子供の人格を重んじ、子供の幸福をはかるとともに、母親に感謝する。

 

 

端午(5月最初の午の日)が5日に固定されたものです。

 

正月7日、3月3日、7月7日、9月9日と共に五節句とされていました。

 

 

5月5日は、菖蒲を飾って邪気を払ったのですが、菖蒲(ショウブ)が尚武や勝負につながり、男の子の祝いとされました。

 

「母親に感謝する。」という条文があることをご存知でない方も多いのではないでしょうか。

 

 

9.海の日(7月の第3月曜日)

  ・・・海の恩恵に感謝するとともに、海洋国家日本の繁栄を願う

 

 

この日(7月20日)は明治天皇が東北ご巡幸の後、青森から函館を経由して横浜港に着かれた日である、と言われています。

 

 

祝日となる前は、「海の記念日」という記念日でした。

 

平成7年に制定された比較的新しい祝日です。

 

 

ハッピーマンデー制度により、平成14年(2002年)までは7月20日で固定でしたが、平成15年(2003年)より7月第3月曜日となりました。

 

 

10.山の日(8月11日)

  ・・・山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する

 

 

平成28年(2016年)施行の祝日の一つです。

 

「海の日がある一方、山の日がない」との声から制定されました。

 

 

11.敬老の日(9月の第3月曜日)

  ・・・多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う

 

 

昭和38年(1963年)に「老人の日」と制定された9月15日が、昭和41年、国民の祝日となりました。

 

 

9月15日になったのは

・9月中旬のこの時期は気候が良く、

・しかも農閑期であるから

という理由です。

 

 

平成14年(2002年)までは9月15日で固定でしたが、ハッピーマンデー制度により、平成15年(2003年)より9月第3月曜日となりました。

 

 

12.秋分の日(9月23日前後)

  ・・・祖先を敬い、亡くなった人々をしのぶ

 

 

戦前は秋季皇霊祭という祭日で、現在も宮中では祭祀が行われています。

 

こちらも日付の決定は、春分の日と同じ方法で行われます。

 

 

春の春分の日とともに、前後3日間を含む1週間を「彼岸」といいます。

 

 

13.体育の日(10月の第2月曜日)

  ・・・スポーツに親しみ、健康な心身を培う

 

 

10月10日は、東京オリンピックの開会式が行われた日で、昭和41年(1966年)よりそれを記念して祝日とされました。

 

 

元々、10月10日でしたが、ハッピーマンデー制度により現在の「第2月曜日」となりました。

 

 

14.文化の日(11月3日)

  ・・・自由と平和を愛し、文化をすすめる

 

 

明治時代の『天長節』、昭和になってからは『明治節』と呼ばれていた明治天皇のお誕生日です。

 

 

日本国憲法が公布された日であり、同憲法が自由と平和に基づく文化国家の建設を理想とするものであったことから、「文化の日」とされました。

 

 

15.勤労感謝の日(11月23日)

  ・・・勤労を尊び、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう

 

 

「新嘗祭(にいなめさい)」という祭日で、神道の行事で一年の収穫を感謝する日でありました。

 

 

この日宮中では、その年に獲れた新米を神に献上し、その後、神より供されたものとして天皇陛下自らがお育てになられた新米を初めてお召し上がりになられます。

 

 

<関連記事>

勤労感謝の日、その由来と意味。そして新嘗祭とは?

 

 

16.天皇誕生日(12月23日)

  ・・・天皇の誕生日を祝う

 

 

今上天皇陛下の誕生日です。

 

慣例では、その国にとって最も記念すべきである「国家の日」とされています。

 

 

アメリカの場合は、国家の日が「独立記念日」であり、イギリスにおいては「女王誕生日」がそれにあたります。

 

 

天皇誕生日は戦前は「天長節」と呼ばれていました。

 

 

17.祝日と祭日の違いは?

祝日は「国民の祝日に関する法律」という法律で定められ休日のこと。

 

 

祭日とは宮中でまつりごとが行われる日で、国民も休日であった日のことを指す。

 

 

法律の改正によって「祝日」に統一されました。

 

18.その他

・振替休日

祝日が日曜日にあたるときに翌日が休日とされる制度。

 

 

祝日法では、

『「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。』

 

と定められています。

 

 

最近はハッピーマンデー制度のため、あまり適用されることがなくなってきました。

 

 

・国民の休日

祝日に挟まれた日を休日にする制度。

 

祝日法では、

『その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする。』

 

と定められています。

 

 

・皇室の慶事・弔事による一度限りの休日

皇室の慶事や弔事によって、休日が設けられることがあります。

 

慶事の例としては、

  • 昭和34年4月10日の皇太子明仁親王(現今上天皇)の結婚の儀
  • 平成2年2月24日の今上天皇の即位の儀の日、
  • 平成5年6月9日の皇太子徳仁親王の結婚の儀

 

弔事の例としては、

  • 平成元年2月24日の昭和天皇大喪の礼

 

が休日となりました。

 

このような一度限りの休日を作るときには、毎回法律を作って対処します。

 

 

19.まとめ

本来、日本の祝祭日は皇室や宮中祭祀にまつわるものでした。

 

祝祭日の由来を調べることは日本の歴史を調べることと同じです。

 

 

皆さんもぜひ興味を持たれたら調べてみてください。

 

ここには書いていない、面白い事実が沢山ありますよ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<PR>

皆さん、週末や長期間のお休みのときに
「どこか遊びに行こう!」
と計画されることと思います。

しかし、どこに行くにしても結構な予算を覚悟しますよね。

  • 少しでもお得に遊べないかな?
  • 割引チケットの情報はないかな?
  • どれくらいの予算が必要なのかな?
  • 旅行先でどんな遊びができるかな?

こんな悩みはないでしょうか?

 

もし、このような悩みがあるなら、こちらのサイト

日本最大級のレジャー総合情報サイト「asoview!(アソビュー)」

をのぞいてみることをおすすめします。



もっと詳しく知りたい方はこちら
レジャー・体験・あそぶ・をお得にするサイト「asoview!(アソビュー)」

 



スポンサーリンク
 



にほんブログ村

スポンサーリンク




お得に遊ぶ予約サイトasoview!
U-NEXT
<hulu>2週間無料トライアル
<広告>
スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

ページの先頭へ