「四季折々の日本」季節ごとの様々な行事やイベントの情報をテーマにしたブログ

初詣・身内に不幸があった(亡くなった)場合どうすれば良い?

2017/12/10

お正月を迎えて初詣に出かける、というのは日本人として毎年の恒例となっているご家庭も多いと思います。

しかし、「最近身内に不幸があった」「親戚が亡くなった」といった場合、参拝して良いものかどうか迷うところです。

そこで、身内に不幸があったときの初詣はどうすれば良いの?ということについて調べました。

 

 

スポンサーリンク

神社とお寺の違い

神社は神道、お寺は仏教ですから、それぞれ教えや考え方が違います。

神道において「死」は「穢れ(けがれ)」で、忌み嫌うものであるため、色々と制限がある場合が多いようです。

しかし仏教での「死」は穢れではありません。初七日法要や四十九日も仏前でしたりしますよね。

したがってお寺への初詣の参拝は全く問題ないようです。むしろ、旧年の感謝と新年のご挨拶をするためにお墓参りもかねてお参りすることを歓迎されているようです。

ちなみに、初詣の人気ランキングトップ10にお寺が3つも入っています。(あと7つは神社)

神奈川県・川崎大師

千葉県・成田山新勝寺

東京都・浅草寺

 

身内に不幸があった場合(亡くなった場合)、初詣にお寺へ参ることに問題はなさそうです。が、神社の場合はどうでしょうか?次は神社への初詣に関してみていきましょう。

 

スポンサーリンク

神社の場合

先ほど書いたように、神道では「死」を「穢れ(けがれ)」つまり忌み嫌うもの、不浄なものと考えるため、身内に不幸があった家の人間は鳥居をくぐることは出来ないとされています。

まれに裏技情報として「鳥居をくぐらなければお参りしても良い」という意見がありますが、一休さんの「とんち」じゃないんですから、それは屁理屈というもので全く通用しない考え方です。

穢れ、不浄の状態で神様に近づいてはいけない、ということです。

 

では、どれくらいの期間あけばお参りできるの?という疑問がわいてきますよね。次の章では「神社への初詣はいつからお参りできるのか?」ということについて解説していきます。

 

スポンサーリンク

神社への初詣はいつからお参りできるのか?

では、どれくらいの期間がたてば神社にお参りしても良いのでしょうか?

一番の答えは「その地域の風習に従う」ということです。

 

神道はもともと地域に根差した宗教ですから、それぞれの地域色が強い傾向にあります。両親が亡くなった場合は13ヶ月の間、神事への参加を禁止するところもあるようです。

 

しかし、一般的には忌中は50日(仏教では49日)であけるため、それ以降であれば神社へも初詣に参拝して問題ないとされることが多いようです。

*忌中とは、身内の方が亡くなった家の人が忌み慎む期間のことです。

 

亡くなった方が両親の場合と、祖父母、叔父叔母による違いはあるのでしょうか?次の章で解説していきます。

スポンサーリンク

祖父祖母、叔父叔母の場合

昔は法律(服忌令)で忌中期間と喪中期間が定められていました。今では法律は廃止されています。

「服忌(ぶっき)」とは親族が亡くなったとき、身内のひとが喪に服すことをいいます。

「服」とは今でいう「喪中」、「忌」とはそのまま「忌中」として考えれば分かりやすいです。

父母の場合、「忌中」が50日、「喪中(服)」13ヵ月とされていました。

「両親が亡くなった場合は13ヶ月の間、神事への参加を禁止」という地域は、この服忌令の喪中期間を指して言っているのだと思われます。

 

また、同居していない祖父母や親戚の場合、服忌令にもとづいて考えると

「祖父母の場合」

  • 父方祖父母は、三十日
  • 母方祖父母は、二十日

「おじ、おばの場合」

  • 父方の「おじ」と「おば」二十日
  • 母方の「おじ」と「おば」十日

で忌中が明ける、と考えることもできます。

 

スポンサーリンク

まとめ

身内の方が亡くなったという不幸があった場合、「翌年の初詣は出来ない」と言われていることも多いようですが、

「神社は50日の忌中があければ、基本的に大丈夫。」

ということです。

また、神社によって違う場合もあり、「おはらい」を受ければ参拝できるところもあるようですので、気になる方は初詣にお参りしたい神社に問い合わせてみても良いかもしれません。

 

「お寺は初詣に行っても全く問題ない」

ですが、屋台なども出てお祭りムードの初詣を楽しむことは自粛して、

ご先祖様のお墓に参って「旧年の感謝と新年のご挨拶」をし、厳かなお正月を迎えるのも良いのではないでしょうか。

 



スポンサーリンク
 



レジャー・体験・あそぶ・をお得にする

サイト「asoview!(アソビュー)」では、

遊びの検索・プランの検討
その場でプランの予約
割引価格で遊べる
ペーパーレスの電子チケット

と、レジャー・体験・あそぶ・をお得にするサービス満載です。

登録して活用してみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です