「四季折々の日本」季節ごとの様々な行事やイベントの情報をテーマにしたブログ

父の日に手紙を書こう!文例を紹介!手紙が一番嬉しい贈り物かも!?

2018/04/14

 

お父さんに手紙を書くってなかなかないですよね。

恥ずかしくないですか?(笑)

 

しかし、せっかくの父の日です。

日頃の感謝の気持ちを書いて手紙をプレゼントしてはいかがでしょうか。

といってもどのような手紙を書いたらいいのかって難しいですよね。

 

今回は文例を紹介していくので、手紙を書く時の参考にして下さい。

 

スポンサーリンク

父の日の手紙、実は一番欲しいものだった!?

父の日のプレゼント、私たちが考える喜ばれるプレゼントといえばお酒や食べ物などですよね。

でも実は、お父さんたちが一番欲しいプレゼントは手紙なんだとか。

 

確かに、手紙って嬉しいですよね。

筆者には子供がいますが、子供から貰えるのなら手紙が嬉しいなって思いますもん(まあ母の日のプレゼントになりますが…)

 

手紙だと素直にありがとうって伝えられるのがいいですよね。

貰った方は残しておくことができるし、残しておくことができるというのも嬉しい理由ではないでしょうか。

 

メールやラインでもいいんじゃない!?と思われるかもしれません。

でもやっぱり手紙の方が気持ちがこもってる気がしませんか?

手書きの良さって言うんでしょうか。

 

それにメールやラインは携帯を変えると見れなくなってしまいます。

でも手紙はずっと残しておくことができます。

 

手紙ってすごいですね!

 

今の時代、なかなか手書きって少なくなりました。

だからこそ手書きが嬉しいのではないでしょうか。

 

字が下手でも問題なし!

気持ちを込めて書くことが大切です。

 

スポンサーリンク

どういう風に書いたらいいの?ポイントをチェック

父の日に書く手紙の書き方のポイントをチェックしていきましょう。

 

手紙の長さは?

手紙の長さは、長くても短くてもOKです。

一見手紙は長い方がいいんじゃないかと思われがちですが、気持ちがこもっているのであれば短くても問題ありません。

 

いつ渡すのがいいの?

プレゼントをもし渡すのであればプレゼントを渡す時に一緒に贈るといいでしょう。

でも手紙って目の前で読んで欲しくないですよね。

でも父親って「後で読んでよ!」と言っても絶対目の前で開けてしまいます(笑)

 

目の前で自分の書いた手紙を読まれたくないという人は郵送してもいいかもしれません。

一緒に住んでいたら郵送はちょっと難しいですが、郵送ならサプライズ感があり、直接会わずに手紙を渡すことができます。

 

プレゼントは直接渡せても手紙を直接渡すのはなんだか恥ずかしいですよね。

手紙を郵送は個人的におすすめします。

 

スポンサーリンク

父の日に送る手紙の文例

どのような手紙を書けばいいのか、実際に文例を見ていきましょう。

父の日に書く手紙といってもさまざまなパターンがあると思います。

いろいろなパターン別に文例を紹介していくので、自分と近いパターンの文例をチェックしていって下さい。

 

同居しているお父さんへ

おとうさん、いつもお仕事お疲れ様。

いつも私たち家族のために頑張ってくれてありがとう。

 

いつもはこんなことなかなか言えないけど、父の日ということで手紙を書きました。

最近お酒を飲みすぎてない?

健康で長生きしてもらわないと困るんだから、お酒はくれぐれも控えめにね。

 

離れて暮らすお父さんへ

大好きなお父さんへ。

父の日ということで慣れない手紙を書いてみました。

 

お元気ですか?

最近なかなか顔を見せることができなくてごめんなさい。

仕事が忙しくて毎日バタバタしています。

毎日大変だけど、忙しいながらも充実しているよ。

今度休みの日に帰るからその時はリフレッシュさせてね

 

子供が生まれた娘からお父さんへ

お父さんいつもありがとう。

〇〇が生まれてからいつも気にかけてくれてありがとう。

おかげさまで家族元気にやっています。

 

子供を育てるのって楽しくもあり大変だね。

大人になってお父さんやお母さんのすごさに気づかされています。

今度みんなで遊びに行くね。

お父さん、健康に気を付けていつまでも元気なおじいちゃんで居てね。

 

 

ここでは3つのパターンで文例を紹介していきました。

「大好きなお父さんへ」最初にこの一言が来るともうこれだけで嬉しくなりますね。

 

今回紹介したこれらは、あくまで文例です。

自分の言葉で手紙を書いていって下さい。

 

自分のお父さんへ出す手紙なので、改まった感じで書くよりはこのような感じで書いた方がいいかなと思います。

 

改まった感じでも悪くはないですが、他人行儀かなと。

子供からもらう手紙が他人行儀っぽいと寂しくないですか?

個人的には普段話すような感じで手紙を書いていいのでは!?と思います。

 

筆者の個人的な考えです。

 

プレゼントと一緒に手紙を添えるのであれば手紙の文面の最後に、

「父の日のプレゼントして〇〇を贈ります。喜んで貰えたら嬉しいな。」

といった内容を一言入れるといいですね。

 

プレゼントに手紙を添える場合、なぜそのプレゼントを選んだのかというエピソードを入れてもいいかもしれません。

 

手紙を書く場合の参考にして下さいね。

みんながお父さんが喜ぶようないい手紙が書けますように。

 

スポンサーリンク

まとめ

父の日に手紙を書く場合の文例についてみていきました。

同時に手紙の書き方なども紹介しています。

  • 手紙はお父さんが貰って嬉しいプレゼントだった
  • 手書きで気持ちがこもっている手紙を貰うと嬉しい
  • 手紙の長さは重要ではない大切なのは気持ちがこもっているかどうか
  • サプライズとして郵送して手紙を送ってもいいかも
  • 感謝の気持ちを込めて手紙を書こう
  • プレゼントとともに贈る場合はプレゼントについて一言添える

 

いかがでしたか?

ぜひ父の日には手紙を贈りましょう。

手紙を貰えるなんて思わないので、お父さん喜ぶと思いますよ~!

 

照れくささは捨てて(笑)書いて下さいね。

 

<関連記事>

父の日はなにをする?おすすめのお祝い方法を紹介

父の日に喜んでもらえるプレゼントは?おすすめプレゼントを紹介!

父の日に花の贈り物!プレゼントには黄色いバラの花の鉢植えがベスト!

 


 



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です