記念日一覧 12月16日・電話創業の日・トロの日など

12月16日は何の日?

 

「電話創業の日」

「トロの日 」

「大洗濯の日 」

「オコパー・タコパーの日」

です。

 

それぞれの記念日について解説しています。

ちょっと役立つ豆知識としてお使いください。

 

スポンサーリンク

「電話創業の日」

・電話創業

1890年(明治23年)の12月16日、日本で初めて電話が開通しました。

 

創業当時は、東京と横浜だけで、電話をかける時はまず交換手にかけ、相手の電話番号を伝えてからいったん切って待つ、というスタイルでした。

 

電話の加入者数は東京155名、横浜42名、交換手は9名でのスタートとなりました。

 

当時はかけそば1杯1銭の時代だったが、東京~横浜間の通話料は5分間で15銭だったという高額なものでした。

 

・交換機の手動から自動化へ

東京―横浜間で始まった長距離電話は、その後、大阪、神戸、長崎へと拡大していきましたが、1923年(大正12年)、関東大震災で電話通信網も大きな被害を受けました。

 

その復旧の際に、交換機を自動化させようということになり、1926年、東京の京橋局に第1号の自動交換機が導入されたのでした。

 

 

・国営企業から公社化、民営化へ

アメリカで電話が発明されたのが1876年。

 

その翌年、日本はこれを輸入しています。

 

世界の中でも、とても素早い対応でしたが、事業を官営でするか民営でするかもめていたため電話事業創業まで13年もかかってしまいました。

 

 

1890年(明治23年)になってやっと、国営事業として逓信省の管轄でスタートしたのです。

 

その後第2次世界大戦で電話通信網も大きな被害を受けました。

 

終戦を迎えるものの、GHQの指示のもと、逓信省は電気通信省と郵政省に分離され、電話の復興ははかどりませんでした。

 

 

政府は1949年7月、電信電話の復旧・復興、改善に関する重要事項を調査・審議することを目的に「電信電話復興審議会」を設置、そして様々な審議を経て、電信電話事業は公共企業体として設立されることになったのです。

 

こうして1952年8月にできたのが日本電信電話公社(電電公社)です。

 

 

その後、電電公社は国策としての電話の普及という役割を終えたため民営化されることになりました。

 

1985年4月、日本電信電話(NTT)株式会社が発足したのです。

 

それと同時に「公衆電気通信法」は「電気通信事業法」に改正され、電話事業が自由化されました。

 

 

自由化されたため1987年、第二電電(現KDDI)、日本テレコム、日本高速通信(現KDDI)の3社が参入しました。

 

「市外通話がお安くなります」と良くセールスの電話が掛かってきていたのはこの頃のことです。

 

 

・新しい時代へ

遠距離でもすぐつながりすぐ話せることが魅力であった電話ですが、現在ではデジタル化、光ファイバー網による大容量のデータ転送の効率化、インターネットやスマートフォンの普及により、誰もがより多くの情報の共有化できるようになり、個人レベルでの情報発信が可能になりました。

 

 

これらの事により、人類の発展は益々スピードアップするのではないでしょうか。

 

 

 

毎月16日が記念日

 

「トロの日」

 

毎月第3土曜日が記念日

「大洗濯の日 」

「オコパー・タコパーの日」

 

 

今日は何の日?と思った時に参考にして下さい。

12月の記念日一覧はこちら

https://events-japan.site/archives/96

 

毎月ある記念日一覧はこちら

https://events-japan.site/archives/111

 

 

⇐12月15日の記念日 ・ 12月17日の記念日⇒

 

 

 



スポンサーリンク
 



にほんブログ村

   記念日 

スポンサーリンク




お得に遊ぶ予約サイトasoview!
U-NEXT
<hulu>2週間無料トライアル
<広告>
スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

ページの先頭へ