「四季折々の日本」季節ごとの様々な行事やイベントの情報をテーマにしたブログ

大分七夕まつり・2018年の日程と見所!花火大会では「かぼす」が?

2018/04/23

 

大分出身の筆者が子供の頃よく行っていた七夕まつりを紹介します!

その名も大分七夕まつりです。

 

商店街に並ぶ大きな七夕飾り、大きな花火を今でも覚えています。

大分の一大イベントなんですよね。

 

今回はそんな大分七夕まつりについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

大分七夕まつりの基本情報

  • 名所 大分七夕まつり
  • 日程 2018年8月3日(金)~8月5日(日)
  • 会場 中央市街地
  • アクセス 大分駅から徒歩すぐ

 

大分駅のある中央市街地で行われてる大分七夕まつりは、毎年8月の第1金曜、土曜、日曜の3日間で行われています。

そのため2018年の日程はこのようになるでしょう。

 

七夕まつりの詳しいスケジュールを見ていくと、

  • 1日目 ふないぱっちん
  • 2日目 チキリンばやしとゴスペル斉唱
  • 3日目 花火大会

 

という日程になります。

どのイベントも見所満載です。

詳しい見所は次で紹介していきます!

 

スポンサーリンク

大分七夕まつりの見所をチェック

大分七夕まつりの見所を紹介していきます。

 

ふないぱっちん

大分七夕まつりの名物といえばふないぱっちんです。

筆者もなんどかこのふないぱっちんは見に行ったことがあります。

 

ふないぱっちんは大通り(通称48万人の広場)を通行止めにして行われます。

ふないぱっちんは山車のことで、大きな山車が道路を練り歩きます。

 

夜の時間帯に開催されるためライトアップされているんです。

なかなか迫力があるんですよ!

 

ふないぱっちんは20基ほどあります。

怖い顔をして武将のようなものが練り歩いているので少し怖かったことを覚えています。

熱気もすごいですしね。

 

ふないぱっちんの周りでは踊り子さんたちが踊っています。

一般踊り隊と呼ばれる人たちで、個人でも団体でも申し込み自由に参加することができるんです。

参加費は一人1,000円ほど。

 

毎年7月中旬で締め切るので参加される方はぜひ。

法被は持っていれば持っているものでもいいそうです。

 

しかし安心して下さい。

1着2,800円で販売しているので購入して踊ることができます。

買う人の方が多いかもしれませんね。

 

筆者の友達は保育園の先生をしているんですが、毎年職場の人と一緒に参加しています。

「楽しかった!」と言っていました。

いい思い出になりますよね。

 

ちなみにふないぱっちんのスケジュールですが、

  • 19:10~ 出陣式
  • 19:10~ 移動
  • 19:15~ オープニングセレモニー
  • 19:45~ 府内戦紙 開始

 

といったスケジュールになります。

早い時間からふないぱっちんをいい場所で見ようと会場に集まっている人は多いです。

 

チキリンばやし

チキリンばやしは大分の伝統的な踊りです。

 

実は筆者、全国的に踊られているものだと思っていました。

なので大分だけというのを知った時は衝撃でした(笑)

 

チキリンばやしは小学校の運動会でよくおどっていました!

結構好きな踊りだったんですよ。

バチ?を持って踊っていました。

 

七夕まつりでは約1,000人もの踊り子たちが、大分の伝統的な踊りであるチキリンばやしを踊ります。

ここではオリジナルのチキリンばやしを踊るんですよ!

 

大分のみのものなので、観光客はぜひ見に来てください。

 

ゴスペルの斉唱

2日目にはチキリンばやしだけでなく大分市内のゴスペルグループのゴスペルの斉唱を楽しむことができます。

きれいで迫力ある歌声を聞くことができますよ。

 

ゴスペルってなかなか聞くことないですよね。この機会にぜひ!

 

大花火大会

七夕まつりのラストには花火が打ち上がります。

大分七夕まつりで打ち上がる花火の数はなんと約6,000発!

夜空にきれいな花が咲き誇ります!

 

花火大会では、毎年カボスの花火が打ち上がります。

 

カボスといえば大分の名物です。

カボスの花火って?と気になりますよね。

 

カボスの形をした花火が上がるんです。

花火大会でハートの形をした花火が打ち上がることって多いですよね。

あれのカボスバージョンです(笑)

 

しいたけが上がった年もあったとか。

しいたけもかぼすと同じ大分の名産品です。

 

カボスやしいたけの花火は、いつ上がるか分からないので注意しながら花火を見てみましょう!

 

毎年カボスの花火が打ち上がると歓声が上がります。

 

花火大会の会場は大分川弁天大橋です。

周りに高いビルなどがないのできれいに花火を見ることができるんですよ。

スポンサーリンク

七夕飾りも見逃せない!

七夕まつりといえばさきほど紹介したメインイベントに注目されがち。

 

でもでも見所はまだまだあるんです。

中央商店街では毎年七夕飾りが並びます。

吹き流しや風船、ユニークなものたくさんあり楽しめます。

 

筆者行った時には商店街のあちこちに氷がおいてありみんな触って涼んでいました。

いまもあるのかな?

 

毎年飾られる七夕飾りは100近くなんだとか。

ぜひチェックして下さいね。

 

あと、屋台も忘れてはいけまんせん。

 

府内パークには屋台村が登場します。

大分のお祭り屋台といえば!?

有名な中津のからあげなんかもあります。

 

椅子と机もあるのでゆっくり食べることができますよ。

意外に知らない人が多い穴場スポットです。

 

スポンサーリンク

まとめ

大分七夕まつりについて紹介していきました。

  • 2018年は8月3日(金)~5日(日)に行われる
  • 1日目は迫力あるふないぱっちんを楽しんで
  • 2日目は大分の踊りチキリンばやしをぜひ
  • 3日目は花火大会を楽しもう!
  • 七夕飾りや屋台も見逃せない

 

いかがでしたか?

大分の七夕まつりは大分駅からすぐのところが会場です。

地元の人だけでなく観光客も多く訪れるお祭りです。

 

ぜひ夏のお祭りを大分で楽しんで下さいね!

 

<関連記事>

七夕祭りin熊本「高森湧水トンネル 納涼七夕まつり」2018年の開催は?

 



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です