「四季折々の日本」季節ごとの様々な行事やイベントの情報をテーマにしたブログ

七夕祭りin熊本「高森湧水トンネル 納涼七夕まつり」2018年の開催は?

2018/04/23

 

熊本県の涼スポットとして人気の高森湧水トンネル。

 

毎年7月の初旬から中旬にかけて、七夕の日を中心に納涼七夕まつりが開催されます。

熊本県で行われる七夕祭りである納涼七夕まつり、どのようなお祭りであるのかということを今回は紹介していきます。

 

スポンサーリンク

高森湧水トンネル 納涼七夕まつりの基本情報

  • 名所 高森湧水トンネル 納涼七夕まつり
  • 日程 7月初旬~7月中旬
  • 会場 高森湧水トンネル
  • 住所 熊本県高森町高森1034‐2

 

(クリックでGoogle Mapが開きます。

 

  • アクセス 高森駅から徒歩で10分
  • 時間 9:00~19:00
  • 料金 中学生以上300円、小学生100円、小学生未満0円
  • 駐車場 無料
  • 問い合わせ先 0967-62-1111

 

2017年の日程は7月5日(水)~7月9日(日)でした。

毎年同じくらいの時期に行われているので2018年も同じくらいの時期に行われることが予想されます。

 

スポンサーリンク

イベントの特徴見所を紹介!

夏でも涼しい涼スポットとして知られている高森流水トンネル。

年間17度に設定しているため夏でも涼しいんですよ。

 

高森流水トンネルは水源です。

毎分32トンもの水が湧いています。

トンネルの長さは2㎞ですが私たちが入ることができるのは550mまでとなっています。

 

トンネル内には木で作られた歩道があります。

この歩道はトンネルの両側に作られており、真ん中には水が流れています。

遊歩道は狭いので落ちないように気を付けて歩く必要があります。

 

納涼七夕まつりはトンネル内で行われます。

真ん中を流れる水の上にたくさんの七夕飾りが並ぶんです。

色とりどりのきれいな七夕飾りは見ごたえ充分です。

 

トンネル内ではプロジェクションマッピング「ミライズン」を楽しむこともできるんです。

 

トンネルの天井にプロジェクターで映像が映し出されます。

横(サイド)には鏡が設置されており、広い空間でプロジェクションマッピングを見ることができます。

 

幻想的な光景で、ぜひ見て欲しいなと思います。

 

さらにウォーターパールが幻想的な空間を作り出したりもします。

ウォーターパールは普通の水に音波を与え球体に変化を与える装置です。

特殊ストロボライトを水に反射させることで水が流れる様子を目に見えるようにしています。

 

納涼七夕まつりの見所は、七夕飾りだけではありません。

 

ヤマメのつかみ取りや小中学生による七夕書道展などのイベントも開催されています。

ヤマメのつかみ取りはトンネルの前の川で行われます。

ぜひヤマメをゲットして下さい。

 

しかしこのようなイベントは納涼七夕まつりの期間中に毎日行われるわけではありません。

土日のどちらかに行われることが多いです。

 

スポンサーリンク

駐車場・混雑状況をチェック

高森流水トンネルの駐車場は300台とありますが、1つの駐車場に300台ではなく3つに分かれています。

 

1つ目に紹介する駐車場は、高森流水トンネルと書かれた看板のすぐ横にあります。

20台ほど駐車可能で障害者用の駐車場もあります。

ここの駐車場は、一番トンネルから近いところにあるとあって埋まっていることが多いです。

 

 

2つ目に紹介する駐車場は、入口近くの駐車場のすぐ横にあります。

大きい駐車場で200台近く駐車できるのではないでしょうか。

 

 

3つ目に紹介する駐車場は、湧水館の近くにある駐車場です。

こちらは50台ほど駐車が可能になります。

 

2つ目に紹介した駐車場が駐車台数も多いためおすすめです。

混雑状況についてですが、納涼七夕まつりが行われる時期は多いです。

しかし多いといっても駐車場に駐車できないというほどではありません。

 

高森流水トンネルはトンネル内が広くありません。

そのため人が多いとゆっくり見ることができないでしょう。

 

ゆっくり七夕飾りを楽しみたいのであれば、平日に行くことをおすすめします。

または朝早い時間に行くことをおすすめします。

 

納涼七夕まつりの期間は、通常の営業時間よりも1時間長く営業しているため夜に行くのもいいのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

周辺おすすめスポット

納涼七夕まつりが行われる高森流水トンネルのトンネルの上には、高森流水トンネルに関する資料館である湧水館があります。

 

湧水館の2階には展望室があります。

高いところって子供好きですよね。

子供が喜ぶかも!

 

展望室からは阿蘇の自然豊かな風景を楽しむことができます。

 

湧水館の前には、水を汲むことができる水組み場があります。

水を無料で汲むことができるんですよ。

 

そのため行く場合には水を汲むことができるようペットボトルや水汲みタンクを持っていくようにしましょう。

きれいな水なのでそのまま飲むことができるんですよ!

 

まとめ

高森流水トンネルで毎年7月に行われる納涼七夕まつりについて紹介していきました。

  • 毎年7月7日を中心として行われている
  • 高森流水トンネルは通年17度であるため夏でも涼しい
  • トンネル内には七夕の飾りが並んでいる
  • トンネル内ではプロジェクションマッピングを楽しむことができる
  • ヤマメのつかみ取りも開催される

 

いかがでしたか?

納涼七夕まつり行ってみたいですよね。

 

高森流水トンネルはトンネル内でなので梅雨時、雨が降っていても大丈夫です。

ちなみに、毎年七夕飾りは夏の間飾られているようですよ。

七夕飾りを見に出かけてみてはいかがでしょうか。

 

<関連記事>

大分七夕まつり・2018年の日程と見所!花火大会では「かぼす」が?

 



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です