記念日一覧 12月18日・国連加盟記念日・ナボナの日など

12月18日は何の日?

 

「国連加盟記念日」

「ナボナの日」

「防犯の日」

です。

 

それぞれの記念日について解説しています。

ちょっと役立つ豆知識としてお使いください。

 

 

スポンサーリンク

「国連加盟記念日」

1956年(昭和31年)の12月18日、国際連合の総会で全会一致により、日本の国際連合への加盟が可決された日です。

 

サンフランシスコ講和条約により主権を回復した日本は1952年には国連への加盟申請していたものの、ソ連(当時)など東側諸国(当時)の反対によって実現しませんでした。

 

しかし1956年10月、日本‐ソ連の国交回復が後押しとなって国連加盟が実現したのです。

 

 

1933年(昭和8年)の国際連盟脱退から23年ぶりに国際社会に復帰したことになります。

 

 

国際連盟(The International League)は第二次世界大戦のあと解体され、あらたにできた組織が国際連合(United nations)です。

 

 

国際連合は1945年10月24日、加盟国51か国で設立されました。

 

 

国連憲章第5章第23条1項において

「中華民国、フランス、ソヴィエト社会主義共和国連邦、グレート・ブリテン及び北部アイルランド連合王国及びアメリカ合衆国は、安全保障理事会の常任理事国」

 

と規定されているのですが、これを厳密に解釈すると現在では「中華人民共和国」と「ロシア」は常任理事国ではないことになりますが・・・それはさておき。

 

 

その後加盟国は増えていき、日本は80番目の加盟国です。

 

2017年5月現在の加盟国は193か国あります。

 

設立された10月24日は「国連デー」として各国で様々な行事が行われています。

 

 

国際連合の英語表記「United nations」ですが、第二次世界大戦中は「連合国軍」として使用していた表現をそのまま引き継いでいます。

 

国際連合の中では、いまだに日本を「敵国」と規定している(国連憲章第8章第53条2項)のはその名残でしょうか。そろそろ変えて欲しいものです。

 

 

「ナボナの日 」

「ナボナ」を製造販売している、株式会社亀屋万年堂が1938年(昭和13年)12月18日に創業したことにちなんで制定しました。

 

 

ナボナが2013年に発売50周年をむかえるにあたり制定したそうです。

 

 

この「ナボナ」の名前の由来は、お菓子祭りが開かれたイタリア・ローマに在る『ナヴォーナ広場』が語源。

 

このお菓子祭りを見たことが、商品開発のきっかけになったのです。

 

 

昭和42年に始まった王貞治選手(当時)のCM、「ナボナはお菓子のホームラン王です」は、とても印象的で、今でも鮮明に思い出せる方も多いのではないでしょうか。

 

王氏は現在「ナボナ名誉大使」になっておられます。

 

 

スポンサーリンク

毎月18日が記念日

 

「防犯の日」

 

毎月O日が記念日は別の記事にまとめています。

 

今日は何の日?と思った時に参考にして下さい。

12月の記念日一覧はこちら

毎月ある記念日一覧はこちら

 

 

⇐12月17日の記念日 ・ 12月19日の記念日⇒

 

 



スポンサーリンク
 



にほんブログ村

   記念日 

スポンサーリンク




お得に遊ぶ予約サイトasoview!
U-NEXT
<hulu>2週間無料トライアル
<広告>
スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

ページの先頭へ