「四季折々の日本」季節ごとの様々な行事やイベントの情報をテーマにしたブログ

今日は何の日?12月20日「ブリの日」「発芽野菜の日」

2017/12/16

12月20日は何の日?

 

「ブリの日」

「発芽野菜の日」

です。

 

それぞれの記念日について解説しています。

ちょっと役立つ豆知識としてお使いください。

スポンサーリンク

「ブリの日」

・由来

ブリは感じで書くと「鰤」。

「魚」へんに師走の「師」と書くことから分かるように、12月に旬を迎える魚です。が、20日なのはなぜでしょう?

2=「ブ」、0=「リ」らしいのですが・・・ちょっと無理がありませんかね?

ブリは通常は水深100mほどのところで群れを作り、春から夏は北へ、初冬から春には南へ移動する回遊魚です。

 

・呼び方

それは置いておくとして、鰤は出世魚と言われ、とても縁起の良い魚として有名です。

西日本出身の私は

「ツバス」→「ハマチ」→「メジロ」→「ブリ」

というのは知っていましたが、関東では

「ワカシ」→「イナダ」→「ワラサ」→「ブリ」

となり、更に東北では

「アオッコ」→「ショッコ」→「ワラサ」→「ブリ」

となります。

しかし、ここに挙げただけでなく、他の呼び方をする地域もあります。

 

「ブリ」という呼び方に関しては、江戸時代の学者、貝原益軒が「脂多き魚なり、脂の上を略する」と語ったことから、「アブラ」のアを略して「ブラ」へ、それが訛って「ブリ」になったという説が有力です。

他には、身が赤くて「ブリブリ」しているからといった説もあり、定かではありません。

「ブリ」と呼ばれるのはおよそ80㎝以上を言いますが一番美味しいのは、旬の冬に穫れる大きさ1m、体重8キロ前後まで育った「寒ブリ」です。

 

・出世魚

出世魚はブリのほかにも、

スズキ、(セイゴ→フッコ→スズキ)

ボラ、(オボコ→イナ→ボラ→トド)

などがあります。ちなみに「とどのつまり」の語源はボラの最終形態で

これ以上進展がないことから、と言われています。(諸説あり)

 

・まとめ

正月の雑煮におめでたい出世魚である「ブリ」が入っているのが当たり前・・・と思っていたら違うのですね。

雑煮にブリが入る地域は、岡山、広島、山口のそれぞれ県南と福岡、そしてなぜか長野。

故郷でお正月を過ごした際には、ブリの雑煮を食べながら自分の成長を振り返ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク

「発芽野菜の日」(毎月20日が記念日)

株式会社村上農園が制定しました。

20日(はつか)を「発芽(ハツガ)」と読む語呂合わせから毎月20日に。

同社は広島県広島市に本社を置き、発芽野菜を手がけています。発芽野菜は他の野菜よりも栄養価が高く、生活習慣病の予防の効果が期待されていることから発芽野菜をさらにアピールすることを目的としています。

 

その他、毎月○日が記念日は別の記事にまとめています。

 

今日は何の日?と思った時に参考にして下さい。

12月の記念日一覧はこちら

毎月ある記念日一覧はこちら

 



スポンサーリンク
 



レジャー・体験・あそぶ・をお得にする

サイト「asoview!(アソビュー)」では、

遊びの検索・プランの検討
その場でプランの予約
割引価格で遊べる
ペーパーレスの電子チケット

と、レジャー・体験・あそぶ・をお得にするサービス満載です。

登録して活用してみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です