「四季折々の日本」季節ごとの様々な行事やイベントの情報をテーマにしたブログ

梅ジュースの作り方を紹介!さっぱり梅ジュースで夏を乗り切ろう!

2018/05/04

 

食欲の出ない夏、さっぱりとした味でおいしい梅ジュースを飲んで夏を乗り切りませんか?

 

梅ジュースを作るのは「なんだか大変そう…」そう思われるかもしれません。

確かに簡単ではないです(笑)

 

でも大量に作るので、一度作るとしばらく楽しむことができます。

今回は梅ジュースの作り方を紹介していくので、ぜひチェックしていって下さいね。

スポンサーリンク

梅ジュースを作る時に必要な道具、材料について

梅ジュースの作り方を紹介します!

でもその前に、梅ジュースを作る時に使用する道具と必要な材料についてしっかりチェックしていきましょう。

 

梅ジュースは瓶にに入れて作っていきます。

瓶がなければ梅ジュースを作ることができないと言っても過言ではないのです。

それくらい大事!

 

瓶はダイソーやセリアにも売っています。

でもこういった100円ショップの瓶は小さいものが多いので梅ジュースを作る用にはおすすめしません。

 

梅ジュースを作るには最低でも2ℓ、できれば5ℓ程度の大きさは欲しいところ。

 

大きめの瓶はホームセンターに行けばたくさんあります。

Amazonでも販売しているので重たくて持って帰りたくないという場合はネットで買うといいでしょう。

ネットだと欲しいサイズの瓶をすぐに見つけることができるのでおすすめです。

 

竹串

竹串も用意しておきましょう。

竹串は梅のヘタを取るのに使います。

つまようじでも取れなくはないです。

 

でもつまようじって力を入れたらすぐに折れちゃうんですよね。

イライラするので(笑)

竹串をおすすめします。

 

梅ジュースですもん。

梅がないと始まりません。

 

梅の旬はだいたい6月でこのくらいの時期になるとスーパーなどでもキロ単位で販売されています。

梅ジュースを作るにはたくさんの梅が必要なので安い時に買っておきましょう。

 

砂糖

砂糖はいつも料理に使う砂糖でもいいですし、氷砂糖もおすすめです。

砂糖は梅と同じ量使います。

梅を1㎏使う場合、砂糖も1㎏必要です。

梅の重さを考えて砂糖は用意しなければならないので注意して下さいね。

 

 

梅ジュースを作る時にはこちらの道具と材料を用意しておいて下さいね。

 

スポンサーリンク

①瓶の消毒をしよう

まず最初にすること、それは瓶の消毒です。

 

梅ジュースは瓶で作って瓶に入れたまま保存していくことになります。

そのため作る前にしっかり消毒しておかなければなりません。

 

瓶は煮沸消毒を行っていきます。

煮沸消毒するため、瓶を購入する時には耐熱製のものを選ぶようにしましょう。

そうでないと割れてしまい大変危険です。

 

煮沸消毒した後はしっかり乾かしていって下さい。

日の当たる風通しのいいところで乾かすことをおすすめします。

 

スポンサーリンク

②梅の準備をしよう

梅を洗っていきます。

梅は1つ1つ手で丁寧に洗って行くようにして下さい。

 

洗った梅はしっかりと水気を取っていきます。

ここでしっかり水気を取らないと梅にカビが生えてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

しっかり洗って水気を取った梅は1つ1つヘタを取っていきます。

ここが一番面倒くさいです(笑)

でもヘタを取らないと爽やかな風味に梅ジュースにはなりません。

 

梅のヘタを取る時のポイントですが、

ヘタの縁をなぞるようにして竹串を持っていきます。

するとスポっと取れますよ。

 

面倒ですが、きれいにできると嬉しいのでやり始めると無心でやれちゃいます。

 

スポンサーリンク

③冷凍庫で一晩寝かしていこう

ヘタまで取った梅はジップロックなどにまとめます。

そして冷凍庫で一晩寝かすようにして下さい。

凍らせることでしっかりと梅のエキスが出るようになるんだとか。

 

④瓶に入れて梅ジュースを作っていこう

一晩凍らせた梅を瓶の中に砂糖とともに入れていきます。

 

ただ入れればいいのではなくコツがあり、

梅→砂糖→梅→砂糖といった風に交互に梅と砂糖を重ねていきます。

 

一番最後、上が砂糖になるようにして下さい。

 

入れた後は瓶の蓋をしめ、そのまま冷暗所へ瓶を置いておきます。

だいたい1ヵ月くらいで砂糖が溶け、梅ジュースが完成します。

 

1ヵ月経ったら梅は捨てるようにして下さい。

生の梅は1ヵ月くらいで腐っていくからです。

 

できた梅ジュースはそのままではなく別の入れ物に移し替えるなどして冷蔵庫で保存しておくようにしましょう。

 

きちんと密封して保存すれば1年は楽しむことができますよ。

 

梅ジュースのおいしい飲み方

梅ジュースのおいしい飲み方を紹介していきます。

 

そのまま飲む

かーなり濃いですが(笑)そのまま飲むこともできます。

そのままかき氷のシロップとして使うのもおすすめ!

 

水(お湯)で薄めて飲む

水で薄めて飲むのが定番ですよね。

お湯で薄めて飲むとホットになるのでこちらもおすすめですよ。

 

牛乳に入れる

牛乳に梅ジュースを入れるとかなりおいしいそうです!

ぜひ試してみて。

 

ソーダ水で薄めて

ソーダ水で梅ジュースを薄めると梅サイダーになります。

夏にぴったりですね。

 

梅ジュースを作ったらいろいろな飲み方で楽しんで下さいね。

 

まとめ

梅ジュースの作り方を紹介していきました。

瓶、竹串、梅、砂糖を用意

瓶は煮沸消毒してから使用しよう

梅の下処理はしっかりヘタを取るまで

下処理した梅は冷凍庫で一晩放置

水やお湯だけでなくソーダ水や牛乳で薄めてもおいしい

 

いかがでしたか?作り方を押さえておけば簡単に作れそうですよね。もうすぐ梅の時期がやってきます。今まで作ったことがないという人はぜひこの機会に作ってみてはいかがでしょうか。

 



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です