「四季折々の日本」季節ごとの様々な行事やイベントの情報をテーマにしたブログ

2018サッカー日本代表・ガーナ戦(5月30日)メンバー・本田圭佑ワントップが理想

2018/05/18

 

2018年5月30日に行われる国際親善試合ガーナ戦の招集メンバー27名は以下の通り。

スポンサーリンク

日本代表・ガーナ戦招集メンバー

GK

川島永嗣 (FCメス)

東口順昭 (ガンバ大阪)

中村航輔 (柏レイソル)

 

DF

長友佑都 (ガラタサライ)

槙野智章 (浦和レッズ)

吉田麻也 (サウサンプトン)

酒井宏樹 (マルセイユ)

酒井高徳 (ハンブルガーSV)

昌子 源 (鹿島アントラーズ)

遠藤 航(浦和レッズ)

植田直通(鹿島アントラーズ)

 

MF

長谷部誠(フランクフルト)

青山敏弘(サンフレッチェ広島)

本田圭佑 (パチューカ)

乾 貴士 (エイバル)

香川真司 (ドルトムント)

山口 蛍 (セレッソ大阪)

原口元気 (フォルトゥナ・デュッセルドルフ)

宇佐美貴史(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)

柴崎 岳(ヘタフェ)

大島僚太(川崎フロンターレ)

三竿健斗(鹿島アントラーズ)

井手口陽介 (クルトゥラル・レオネサ)

 

FW

岡崎慎司 (レスター)

大迫勇也 (ケルン→ブレーメン)

武藤嘉紀(マインツ)

浅野拓磨 (シュツットガルト)

 

5月18日 日本サッカー協会発表。

 

スケジュールについてはこちら⇩

2018年サッカー日本代表・ワールドカップまでの予定(5月18日時点)

スポンサーリンク

本大会のメンバーは?

今回のガーナ戦が終わった翌31日に本大会登録メンバー23人が発表される予定。

つまり、この中から4人が落選する。

 

ワールドカップ本大会では6月19日に初戦をむかえ、コロンビアと戦うことになる。

日本代表はこの戦いに状態のピークを持っていくべきだと思うので、調子の良い順で選んで欲しいと思う。

 

ハリルホジッチ監督が解任されたことにより、日本代表の戦術は「ボールを支配して、パスワークで相手を崩してシュートチャンスをうかがう」という従来の戦術に落ち着くわけであるが、以前から指摘され続けた「決定力不足」は改善していない。

 

これは多分、本来は美徳である「ゆずり合いの精神」が日本人のDNAにしみついているからだと私は思っている。

つまり、「俺が決める」というよりも、「ゴールを決めてもらえるパスを出す」ことに、無意識的に価値観を置いていることが理由だと思っているわけだ。

 

これを改善するためには、「俺が決める」という選手を1トップで、ラストパスはその1トップの選手に集める、という戦術が有効ではないかと思う。

 

そうなると、本大会のキーマンはやはり「本田圭佑」選手であろう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

「本田圭佑1トップ」はかつて釜本邦茂氏も言っていたこと。

私はこの意見に賛成しているうちの一人。

 

いずれにしても今大会は、本田圭佑中心のチーム作りをするのが、チーム作りをする時間の無い西野ジャパンがとるべき策だと考える。

 

西野監督についてはこちら⇩

サッカー日本代表監督に西野氏!経歴・実績・スタイル・戦術をチェック!

 

そう考えると、やはりハリルホジッチ監督監督がどんな布陣でコロンビア戦に臨む予定だったのか、益々気になる!

 

ハリルホジッチ監督解任に関する、私の見解

ハリルホジッチ監督が謎の電撃解任!この決断は間違い!超個人的見解

 



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です