「四季折々の日本」季節ごとの様々な行事やイベントの情報をテーマにしたブログ

Fukuoka東区花火大会2018・日程と見どころ、穴場スポットや駐車場情報も

2018/06/04

 

夏休みも終わり、学生たちが通常モードに戻ろうとしている9月に開催される花火大会があります。

 

その花火大会とは、毎年9月に福岡市内で開催されている「Fukuoka東区花火大会」です。

 

2018年には28回目を迎える花火大会で見ごたえ充分な花火を楽しむことができる魅力的な花火大会となっています。

 

今回はそんな「Fukuoka東区花火大会」について紹介していきますのでぜひどんな花火大会なのかチェックして下さい。

スポンサーリンク

Fukuoka東区花火大会の基本情報について

  • 名称 第28回FUKUOKA東区花火大会
  • 日程 2018年9月9日(日)
  • 会場 香椎浜
  • 住所 福岡県福岡市東区 香椎浜

リンク:https://goo.gl/maps/7VJujy3azH42

 

  • 花火打ち上げ時間 19:30~20:30
  • 花火打ち上げ数 約7,000発
  • 問い合わせ 092-663-3184(花火大会実行委員会)

 

Fukuoka東区花火大会は9月に開催される花火大会です。

花火大会といえば7月または8月に開催されるのが一般的ではありますが、こちらは珍しいですよね。

 

2017年は9月10日(日)に開催されたので、2018年は9月9日(日)に開催されるであろうと予想します。

正式な日程が出たらそちらをチェックするようにして下さい。

 

スポンサーリンク

Fukuoka東区花火大会の見どころは?

Fukuoka東区花火大会では毎年7,000発もの花火が打ち上がり福岡の街を明るく照らしています。

 

毎年たくさんの花火を見ることができますが、中でも注目度が高いのが「銀トラ花火」と「色トラ花火」です。

 

色とりどりのきれいな花火は見ごたえ抜群!

 

「トラ」とはなんなのか気になる方もいるかもしれません。

花火における「トラ」とは、打ち上げ玉を一気に打ち上げることをいいます。

 

太い火の柱が昇るのが特徴で、それがトラのしっぽに見えることからトラと呼ばれるようになったんだとか。

 

打ち上げ場所は香椎浜片男佐海岸周辺となります。

花火は沖合の台船から毎年打ち上げられています。そのため海面に花火彩られます。

海岸沿いに行けばどこからでもきれいに花火を楽しむことができますよ!

 

スポンサーリンク

有料席はある?穴場スポットは?

Fukuoka東区花火大会には残念ながら有料席はありません。

 

多くの人が海岸沿いにレジャーシートなどを敷き、場所取りをして花火を見ています。

有料席がないので早い者勝ちです。

そのため毎年早い時間からみんな場所取りをしているようです。

 

有料席ではないですが、花火大会の当日にはディナークルーズが運行します。

きれいな花火を近くで見ながら優雅に食事なんて、贅沢ですよね。

 

迫力ある花火を見ることができるのは会場ですが、子供が居る人などはあまりに迫力があり過ぎると子供が泣いちゃうし、混雑する場所も嫌ですよね。

 

ここではおすすめの穴場スポットを紹介していきます。

穴場スポット1・みなと100年公園

広い公園でなんとその広さは12ヘクタールです。

年々人が増えつつありますがこれだけの広さなのでスペースを取れないということはまずないと言えるでしょう。

 

公園内にはトイレもあり、ゆったりとスペースを取ることができるため子供連れの方におすすめしたいおすすめ穴場スポットです。

 

穴場スポット2・アイランドシティ中央公園

みなと100年公園程ではありませんがこちらの公園も広いです。

子供が喜ぶ遊具を設置しているので、花火が始まるまでの時間子供を遊ばせておくことができます。

 

こちらもゆったりとスペースを取ることができるのおすすめの穴場スポットです。

 

穴場スポット3・イオン香椎浜店

花火大会の会場近くに屋上駐車場のあるショッピング施設があれば、そこは間違いなく穴場スポットです。

 

駐車もできトイレもある、花火大会までの暇つぶしもできるとあっておすすめの穴場のスポットとなっています。

 

子供連れにおすすめしたい穴場スポットを紹介していきました。

人混みが苦手な方は穴場スポットをチェックして花火をゆったり鑑賞するようにしましょう。

スポンサーリンク

花火以外にも見どころはあるの?

会場となる香椎浜に毎年屋台・露店が並びます。

このエリアは毎年大混雑しますので小さい子を連れての方は迷子にならないよう気を付けて下さい。

 

混雑しますのでベビーカーやバギーを利用しての方は近づかない方がいいかなと思います。

人が多い中ベビーカーやバギーに子供を乗せるのは大変危険です。

 

スポンサーリンク

アクセス・駐車場情報・混雑状況について

Fukuoka東区花火大会の会場となる香椎浜へのアクセスですが、

  • JR「香椎浜駅」から徒歩約15分
  • 西鉄「西鉄香椎浜駅」から徒歩約15分
  • 西鉄「香椎宮前駅」から徒歩約15分

 

となります。駅から少し遠いですが歩いて行ける距離なので、行かれる方は公共交通機関を利用してアクセスされることをおすすめします。

 

車でアクセスするという方に紹介したい駐車場情報についてですが、会場周辺に臨時の駐車場はありません。

 

そのため車でアクセスされる方は駅の有料駐車場に利用する、また駐車場のある穴場スポットで花火を見るという方法をおすすめします。

 

会場周辺は18:30~22:00に交通規制が行われます。

そのため会場周辺は大変混雑することが予想されます。

いや、毎年混雑しています。

 

渋滞にはまらないためにも、公共交通機関でのアクセスがいいでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

  • 2018年のFukuoka東区花火大会は9月9日(日)と予想会場は香椎浜
  • 毎年7,000発もの花火が打ち上がり銀トラ色トラは必見
  • 有料席はないがディナークルーズはあり
  • 穴場スポットは会場周辺の公園やイオンモール
  • 駐車場がなく交通整理の影響で混雑するため電車のアクセスがおすすめ

 

いかがでしたか?Fukuoka東区花火大会の魅力について知ることができたのではないでしょうか。

夏休みに花火が見れなかったという人でもまだ間に合います!

 

ぜひ夏の締めくくりに見に行ってはいかがでしょうか。

 


<関連記事>

花火大会2018・九州の記事一覧

福岡・筑後川花火大会は西日本屈指の花火大会!魅力をどどんと紹介

西日本大濠花火大会の魅力や穴場スポットなどおすすめポイントを紹介!

福岡・飯塚納涼花火大会2018・歴史ある大会でバイク花火が疾走!?

 

 



スポンサーリンク
 



レジャー・体験・あそぶ・をお得にする

サイト「asoview!(アソビュー)」では、

遊びの検索・プランの検討
その場でプランの予約
割引価格で遊べる
ペーパーレスの電子チケット

と、レジャー・体験・あそぶ・をお得にするサービス満載です。

登録して活用してみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です