片山晋呉の不適切行為とは何?相手は誰?内容をチェック

2018年5月30日の「日本ツアー選手権森ビル杯プロアマ戦」

この試合で、プロゴルファー・片山晋呉さんが不適切行為を働いたとして

石川遼選手会長が謝罪をする事態に発展している。

 

片山晋呉プロがおかした「不適切行為」とは何なのか?

どういった内容だったのかチェックしてみましょう。

片山晋呉プロの不適切行為とは?

 

今回の騒動は日本ゴルフツアー機構(JHTO)が公表したことで明るみに出たわけですが、

どういった内容だったかと言うと、

報道によれば

 

 

・会話中ポケットに手を入れたままだった

・グリーン上で、客のライン読みよりも自分の練習を優先した。

 

ということらしい。

続報によれば、

 

・次のホールに進もうとしたアマチュア選手を無視してパッティングの練習をし続けた

片山晋呉プロに招待客が次に行こうと促すと

「前が詰まっている」

と言って進もうとしなかった、

という情報も。

 

片山晋呉に不適切行為をされた相手は誰?

 

この「不適切行為」を片山晋呉プロから受けた招待客というのは

どうやらこの大会の冠名にもなっている「森ビル」関係者らしい。

 

氏名や年齢、性別は明らかにされていない。

 

招待され、永久シード権を持つ日本のトッププロと回れるということは、

立場が相当上の人間であろうことは想像できる。

例えば、森ビルの取締役とか役員、そのクラスの人間ではないだろうか。

 

片山晋呉プロへの処分

 

今回の騒動は、国内男子ツアーを主管する日本ゴルフツアー機構(JHTO)が公表。

「自浄作用」が働いたと見るべきか。

 

JGTOは選手が守るべき準則として

「プロアマトーナメントに出場する同伴アマチュアに不適切な対応をしたり、不快感を与えるような態度をしてはならない」

と明記。

 

石川遼選手会長は

 

「我々選手会もJGTOと一丸となってファンやスポンサーから応援して頂けるようなツアー改革作りを行い始めた矢先のことで、このような事態が起きたことは遺憾であり、とても残念でなりません」

 

「不愉快な思いをされたプロアマのお客様を始め、スポンサーや関係者の皆さまに大変なご迷惑をおかけし、またファンの皆さまにもご心配をおかけしましたことをジャパンゴルフツアー選手会として深くお詫び申し上げます」

 

と謝罪されています。

また、青木功会長は「今回の件は極めて深刻であると受け止めている」とコメント

 

JGTO は、JGTOの野村修也理事と外部の弁護士で構成される調査委員会を設置し、6月中に懲戒・制裁委員会を開催、片山晋呉プロの処分を決定する方針。

 

 

石川遼選手会長が就任以来、改革を重視し、

危機感を持って男子ゴルフの人気獲得とスポンサー獲得に取り組んでいた。

 

その矢先の今回の騒動。

 

石川遼選手会長もコメントで

「ツアー改革作りを行いはじめた矢先のことで、このような事態が起きたことは遺憾であり、とても残念でなりません」

と言っている通り。

 

相当重い処分になる可能性も否定できない。

 

 

片山晋呉プロの評判

 

近年ツアーの数が減少したことに危機感を感じている男子ゴルフ。

「プロアマ」を通じて、主催者やスポンサーへのレッスンを行うことで

ツアー数などが伸びた女子プロゴルフを見習って、スポンサー獲得のため

様々な改革案を打ち出し、実行してきた。

 

そんな中でおきた今回の騒動ですが、

普段の片山晋呉プロの評判はどうだったのでしょうか?

 

聞くところによると、あまり良いようには言われていない。

 

例えば、

サインした色紙を渡すときに投げて渡した。

とか、

そもそもサインに応じない。

らしい。

 

また、

プレー中に何か食べた際、コース上にカスを捨てた

という話もあります。

 

これが本当なら、人としてどうなん?って感じですね。

 

また、ミスショットをした際、クラブで地面をたたく、

パッティングをミスした際、パターでキャディーバッグをたたく、

キャディーに罵詈雑言を浴びせる、

など、出てくる出てくる・・・

 

愛想が悪いために損をしている部分もあるかもしれませんが、

それだけでここまで悪い話は出てこないでしょうから、

かなり事実に近いのでは、と推測できます。

 

片山晋呉プロの態度

 

片山晋呉プロの態度についても色々言われているようです。

横柄とか、笑顔が無いとか。

 

今回の騒動も、態度に原因があったと考えられています。

 

パター練習に熱中して、アマ選手の相手をしなかった、

アマ選手がパッティング中にも関わらずパター練習をしていた、

と報じられています。

 

また、アマ選手に「次に進もう」と促された時の返答も

「前が詰まってます」というものだったとか。

 

言い方次第ですが、パター練習に熱中している最中の受け答えですから、

きっとぶっきらぼうに聞こえたことだと考えられます。

 

私が考えるにプロフェッショナルにも2種類あって、

  • エンターテイナーとしてのプロ
  • 職人としてのプロ

 

片山晋呉プロは、「職人としてのプロ」だったのではないでしょうか。

「技を極める」ことが最優先、という対応のプロフェッショナル。

 

そう考えれば、片山晋呉プロの態度だけを非難するのもどうなの?

と思います。

 

確かに、態度が悪い部分、マナーが悪い部分については

避難されるべきことがあるとは思いますが、

 

怒って帰った人も

「人としてどうなの?」

と思ってしまいます。

 

お偉いさんになると、

構ってくれなければへそを曲げてしまうようになるのでしょうか?

 

職人さんが技を極めようと努力している姿を見るときは、

邪魔をせず、職人さんの一挙手一投足を食い入るように見ると思うのだが。

 

ま、そんな意識はこれっぽっちもなかったでしょうね。

私の片山晋呉プロに対する勝手な私見ですから。

 

今回の騒動で、石川遼選手会長、青木功会長らは事態を重くみているようですが、

当の片山晋呉プロは訳が分からないでしょう。

 

プロとして練習しているだけなのに、

勝手に怒って、勝手に帰っていったわがままなお偉いさん、

あれ、なんだったの?って感じでしょうか。

 

その証拠に、今回の騒動に関して片山晋呉プロは

「アマに対し失礼なことはしていない」

と関係者に話しているそうです。

 

 

まとめ

ツアーのスポンサーを獲得したい協会、

プロに構ってもらって、気持ちよくお金を出したい企業、

 

その2者の思惑なんて関係なかった片山晋呉プロ。

 

ただそれだけのことで、こんな大きな騒動になっている、ということですね。

 

スポンサーあってのプロスポーツ、ということを

もう少しだけ片山晋呉プロが気遣っていれば良かったのにね。

 



スポンサーリンク
 



にほんブログ村

   スポーツ 

スポンサーリンク




お得に遊ぶ予約サイトasoview!
U-NEXT
<hulu>2週間無料トライアル
<広告>
スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

ページの先頭へ