「四季折々の日本」季節ごとの様々な行事やイベントの情報をテーマにしたブログ

二十四節季(にじゅうしせっき)とは

2017/12/19

こちらでは二十四節季について簡単に解説しています。

現在でも二十四節季に基づいた行事なども多く、基本的なことだけでも知っておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

二十四節季のはじまり

昔は月の満ち欠けを基準とした「太陰暦」が用いられていました。

ところが、月の満ち欠けを基準にすると実際の季節とはずれるため、農業をする上では役に立たず、太陽の運行に基づいた暦が必要でした。

そこで、昔の中国で「季節を春夏秋冬の4つに区分するような」暦のようなものとして考案されました。

 

夏至・冬至の二至、春分・秋分の二分は併せて二至二分(にしにぶん)と言い、

重要な節気である立春・立夏・立秋・立冬を四立(しりゅう)、

二至二分と四立を併せて八節(はっせつ)といいます。

(「立」は新しい季節になるという意味があります。)

 

スポンサーリンク

二十四節季

立春を第1としてスタートします。

立春(りっしゅん)

2月4日頃。旧暦での1年のはじめ。八十八夜などもこの日はらかぞえます。

雨水(うすい)

2月19日頃。降雪が雨にかわり、氷が溶けて水になるという意味。

啓蟄(けいちつ)

3月6日頃。「啓」はひらく、「蟄」は土の中で冬ごもりしている虫のことで、冬眠していた虫が這い出してくる頃という意味。

春分(しゅんぶん)

3月21日頃。昼と夜の長さが同じになる日で、この日を境に昼間の長さがだんだんと長くなっていきます。春分の3日前から7日間を春の彼岸といいます。春分の日を「彼岸の中日」といいます。

清明(せいめい)

4月5日頃。春先の清らかでいきいきとした様子を現す「清浄明潔」を略したもの。

穀雨(こくう)

4月20日頃。雨が穀物に潤いを与えることから名付けられました。穀雨以降、降水量が多くなりはじめます。

立夏(りっか)

5月6日頃。暦の上で夏の始まりで、立秋の前日までが「夏季」。

小満(しょうまん)

5月21日頃。陽気がよくなって、万物の成長する気が次第に長じて天地に満ち始めることから。

芒種(ぼうしゅ)

6月6日頃。芒(のぎ)のある穀物や穂のでる穀物のタネをまく季節という意味。

夏至(げし)

6月21日頃。1年で昼間が最も長く、夜が最も短い日。冬至と比べると4時間以上の差があります。

小暑(しょうしょ)

7月7日頃。暑さが強くなっていくという意味。

大暑(たいしょ、だいしょ)

7月23日頃。最も暑い頃という意味。

立秋(りっしゅう)

8月8日頃。朝夕が涼しくなる頃。暦の上では、立秋から立冬の前日までが秋。

処暑(しょしょ)

8月23日頃。暑さが和らぐという意味。

白露(はくろ)

9月8日頃。この日から「仲秋」になります。

秋分(しゅうぶん)

9月23日頃。昼と夜の長さが同じになる日。秋分の3日前から7日間を彼岸といいます。秋分の日を「彼岸の中日」といいます。

寒露(かんろ)

10月8日頃。冷たいつゆが降りる頃です。

霜降(そうこう)

10月23日頃。朝夕が寒くなり、霜が降り始める頃。

立冬(りっとう)

11月8日頃。冬の始まり。暦の上では、立冬から立春の前日までが冬。

小雪(しょうせつ)

11月23日頃。雪が降り始める頃。

大雪(たいせつ)

12月7日頃。平野部にも雪が降り始める頃。

冬至(とうじ)

12月22日頃。夜が最も長く、昼間が最も短い日。

小寒(しょうかん)

1月5日頃。寒の入り。小寒から立春までの約30日間を「寒の内」といいます。

大寒(だいかん)

1月20日頃。「寒の内」のまっただ中。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

聞いたことのある言葉、聞いたことのない言葉、読み方の分からない漢字もあったかもしれません。

四季の豊かな日本で生活していくなかで、ちょっと知っているだけで、よりその季節を味わい深いものとして感じることができるのではないでしょうか?

 



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です