冬至はいつ?なぜ冬至にゆず湯に入りかぼちゃを食べるの?

2017年の冬至は12月22日(金)です。

 

「冬至」といいますが、冬に至る。

漠然としていますね。

 

冬至になるとお風呂にゆずを浮かべて「ゆず湯」を楽しんだり、食卓にはかぼちゃの煮物が並んだりします。

 

冬至とはどんな日で、なぜいつもと違うことをするのでしょうか・

 

こちらでは

「冬至とは?」

「冬至になぜゆず湯?」

「かぼちゃを食べるのはなぜ?」

「ほかに食べると良い食べ物は?」

について書いています。

 

スポンサーリンク

冬至とは

冬至とは二十四節気のひとつで、第22。

 

北半球では太陽の高さが一年で最も低くなる日です。そのために一年のうちで最も昼間が短くなり、夜がいちばん長くなる日です。

 

この日にゆず湯に入り、かぼちゃを食べると風邪をひかないと言われています。

 

 

昔の中国では、昼間が一番短いため、「太陽の力が一番衰える日」とされていました。

 

しかし、これから太陽が力を取り戻す=これから運が良くなるという考えで(一陽来復)新しい年が始まる日としていた時代があります。

 

二十四節季とは?(関連ページ)

 

 

冬至にゆず湯に入る理由

この日にゆず湯に入ると風邪をひかない、と言われています。

 

これにはいくつか理由があります。

 

しかし、ゆず湯に入るようになった理由は少し違っていました。

 

 

一陽来復(新しい年が始まり、これから太陽が力を取り戻す)の考えに沿って、新しい年を迎えるため身を清める「禊」の意味が強かったようです。

 

 

また昔は、「香の強いものには邪気がよりつかない」と信じられていました。

 

その強いゆずの香が身を清めると信じられていたこともあります。

 

それとともに、病気に強く寿命が長いゆずの木にならって「無病息災」を祈る意味もあったようです。

 

 

では実際のゆず湯の効果としてはどのようなことがあるのでしょうか?

 

血行促進、冷え性緩和、免疫力アップ、疲労回復、リラックス効果、美肌効果などが挙げられます。

 

具体的には

  • リモネンによるリラックス効果、基礎代謝効果、免疫力アップ
  • シトラールによるリラックス効果、血流を良くする
  • βカロチン=美肌、保湿効果、抗酸化作用
  • クエン酸による血行改善、疲労回復、美肌

 

風邪をひかないと言われているのには、これらの効果によって体を芯からあたため、免疫力がアップするという根拠があったのですね。

 

 

冬至にゆず湯に入るほかの理由として、

冬至=湯治、ゆず=融通が利く

 

というのもありましたが、これは後付けの言葉遊びかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

冬至に食べると良い食べ物

冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかないと言われています。

 

ゆず湯に入ると風邪をひかない、と言われていることからもわかる通り、今ほど医療が発達していなかった時代は、いかに「病気にならないか」ということは極めて重要であったことがうかがえます。

 

 

「ん」がつく食べ物

にんじん、だいこん、れんこん、かんてん、などなど。

 

昔は、「ん」がつくものを食べると運が良くなる「運盛り」という考え方がありました。(江戸時代の文献に記録がなく、明治時代以降の風習だと推測されています。)

 

 

また、「いろはにほへと」の最後が「ん」で終わるため、一陽来復の考えに基づく年の最後を「ん」がつくたべもので締めくくるという考えもあったとされています。

 

 

「と」がつく食べ物

冬至の「と」にちなんで「とうなす」「唐辛子」「とうふ」「どじょう」「いとこ煮」など

 

いとこ煮とは、小豆とかぼちゃを煮たもので、名前の由来は

「硬い物をおいおい(甥甥)入れてめいめい(姪姪)炊く」

だそうです。

 

 

他には小豆を使った「冬至粥」やこんにゃくを食べて体内の砂おろし(掃除)をするというのもあります。

 

 

スポンサーリンク

冬至にかぼちゃを食べる訳

かぼちゃは栄養豊富で、β-カロチン、ビタミンE・A・C・B1・B2、食物繊維やカルシウム・カリウム・鉄などのミネラルも多くバランスの良く含まれています。

 

 

免疫力を高める、血行を良くする、などの効果が期待でき、風邪をひかない、中風(脳卒中)にならない、と言われています。

 

 

色々ある中で、特に「かぼちゃ」が主役なのにはいくつか理由があるようです。

 

  • まず、「と」のつく食べ物ということですが、「と」の付く食べ物にかぼちゃは当てはまらない、と思っていたら、「とうなす」とはかぼちゃの別名だそうです。

 

  • かぼちゃは南瓜(なんきん)とも言い、「ん」のつく食べ物であることにも当てはまります。

 

  • 現実的には収穫したばかりのかぼちゃよりも、保存しておいて3か月くらいたったほうが甘味がまして美味しくなります。そのため、美味しく食べるために長期保存しておいた。

 

  • 「南瓜」と書くことから、陰の北に対して陽の南に向かうという考え。

 

  • かぼちゃは夏が旬の食べ物で、「陰」の冬に「陽」の食べ物を食べて運気を上昇させるという考え。

 

どれが正しいではなく、様々な理由にあてはまったことが、かぼちゃが主役になった要因だと推測します。

 

 

ただ一番の理由は、

「病気にならないこと」

が重要であったことから、

 

「栄養面で優れている」

「夏から長期保存がきく」

ことではないでしょうか。

 

冬至粥(小豆粥)

他に取り上げる食べ物としては、「小豆粥」です。

 

小正月に食べるほうが一般的にはしられているようですが、冬至にもよく食べられています。

 

小豆の持つ赤は邪気を払うと信じられていて、「これから新しい年を迎える」などの節目に食べるには最適な食べ物と言えるでしょう。

 

ともに「邪気を払って1年の健康を願って」食べられています。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

先人の知恵と言いましょうか、昔から受け継がれてきた風習などは、現代になって科学的に分析してみると、とても理にかなったことが多いのですが、この「ゆず湯に入る」「かぼちゃを食べる」というのもとても理にかなったものです。

 

 

ゆず湯に入って外側から、かぼちゃを食べて内側から、風邪をひかない健康な体をつくってより良い年末年始を迎えたいものですね。

 

 



スポンサーリンク
 



にほんブログ村

   行事 

スポンサーリンク




お得に遊ぶ予約サイトasoview!
U-NEXT
<hulu>2週間無料トライアル
<広告>
スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

ページの先頭へ