記念日一覧 12月26日「プロ野球誕生の日」「プルーンの日」

12月26日は何の日?

「プロ野球誕生の日」
「プルーンの日」
です。

 

それぞれの記念日について解説しています。
ちょっと役立つ豆知識としてお使いください。

 

スポンサーリンク

「プロ野球誕生の日」

プロ野球誕生の日

1934年(昭和9年)12月26日、現読売ジャイアンツの前身である「大日本東京野球倶楽部」が読売新聞社の正力松太郎によって創立されました。

 

これは、アメリカ・メジャーリーガーを招待しての興行試合を行うために作られた職業野球チームが発端となっています。

その後、1936年に日本初のプロ野球リーグ「日本職業野球連盟」が創設されることとなるのです。

 

 

日本のプロ野球の歴史

・1872年(明治5年)第一大学区第一番中学(のちの開成学校、現在の東京大学)のアメリカ人教師ホーレス・ウィルソンが日本に「ベースボール」を伝えました。

 

 

・1878年(明治11年)アメリカ留学から帰国した平岡熈(ひろし)氏によって日本初の本格的野球チーム「新橋アスレチック倶楽部」が結成されました。結成の際には、アメリカのスポルディング社から用具を提供してもらったりしたそうです。

 

また、ルールも毎年アメリカから最新の情報を入れて用いていました。

なお、同チームは1888年(明治21年)に解散となってしまいました。

 

 

・1894年(明治27年)「ベースボール」が「野球」と訳され、以来今日まで「野球」として定着しています。

 

 

・1920年(大正9年)東京の芝浦に日本初のプロ野球チーム日本運動協会(芝浦協会)が創立され、1921年には天勝(てんかつ)野球団が創立されました。

 

しかし両球団とも関東大震災をきっかけに解散。

 

その後、日本運動協会は当時阪神急行電鉄(のちの阪急電鉄、現:阪急阪神ホールディングス)によって、本拠地を宝塚に移して再結成されましたが、資金面や興行面で安定しなかったこともあり、1929年(昭和4年)7月31日をもって協会は再度解散しました。

 

 

・1931年(昭和6年)、読売新聞社の正力松太郎が中心となって、アメリカ・メジャーリーグの選抜軍を日本に招待し、六大学野球のチームや大学選抜のチームと興行試合を行い、成功を収めました。

 

 

・1934年(昭和9年)再度、ベーブ・ルースをするメジャーリーグを招いて興行試合を行うことを計画しましたが、1932(昭和 7)年に、当時の文部省(現・文部科学省)が発令した野球統制訓令によって大学野球のチームと対戦をすることが出来なくなりました。

 

このため、職業野球チームを結成することになり、選手の獲得がおこなわれました。

 

 

・1934年(昭和9年)先の日米野球において職業野球チームで活躍した選手を中心に、現読売ジャイアンツの前身である「大日本東京野球倶楽部」が創立されました。

 

 

・1935年:「大阪野球倶楽部(大阪タイガース、現在の阪神タイガース)」が設立されました。
阪神―巨人戦が「伝統の一戦」と言われるのは、この歴史があるからなのです。

 

 

その後1936年には東京、名古屋、大阪に球団ができ、日本初のプロ野球リーグ、「日本職業野球連盟」が設立されて現在のような形の基礎が出来上がったのでした。

ちなみに、日本職業野球連盟が設立された2月5日は「プロ野球の日」に定められています。

 

毎月26日が記念日

 

毎月26日が記念日
「プルーンの日 」

毎月○日が記念日は別の記事にまとめています。

 

今日は何の日?と思った時に参考にして下さい。

12月の記念日一覧はこちら

毎月ある記念日一覧はこちら

 

⇐12月25日の記念日 ・ 12月27日の記念日⇒

 



スポンサーリンク
 



にほんブログ村

   記念日 

スポンサーリンク




お得に遊ぶ予約サイトasoview!
U-NEXT
<hulu>2週間無料トライアル
<広告>
スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

ページの先頭へ