バレンタインデーの起源・あなたは知っていますか?意外と知らないヘビーな事実

 

新しい年になって最初のビックイベントといえば、2月のバレンタインデー!

 

女性と男性ではちょっと違ったドキドキがありますが、いずれにしても、一大イベント!

 

私が小学生の頃は、もっぱら「バレンタインデー=告白デー」という印象でした。

 

本命チョコづくりに丸一日かけた小学4年生の頃。。。淡い想い出です。

 

最近では、「友チョコ」や自分への「ご褒美チョコ」など、バレンタインデーのチョコの行方はどんどん変化し多様になってきていますね。

 

 

このようにチョコレートを贈る日本のバレンタインデー文化は、チョコレート会社の商法によるもの、ということはどこかしらで耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

 

ですが、「バレンタインデー」そのものの大元の由来はみなさんご存知でしょうか?

 

元々はカップルのイベント、という印象が強いので、バレンタインデーの由来は「愛」や「家族愛」に関するエピソードが元になっているのではないかと思う方が多いのではないでしょうか?

 

 

ところが、バレンタインには意外な始まりの歴史が知られているのです。。。。

 

スポンサーリンク

バレンタインデーは処刑の日!?

2月14日は、ウァレンティヌス(バレンタイン)という人物が処刑された日であり、これが起源である。という説です。

 

バレンタインの起源にしては、いきなり暗い話でびっくりしてしまいますね。

 

この、バレンタインという人物は一体なぜ処刑されるに至ったのでしょう。

 

 

その当時のローマ帝国皇帝は、愛する恋人を故郷に残した兵士がいると軍の士気が下がる、と考えていました。

 

そこで彼は、兵士たちの婚姻を禁止したというのです。なんとも大胆な政策ですね、、、

 

 

ここで登場するのが、ウァレンティヌス(バレンタイン)。

 

兵士を可哀そうに想い、当時キリスト教の司祭であったウァレンティヌス(バレンタイン)は、こっそり兵士らの結婚をとりもってあげました。

 

 

皇帝の禁止事項と知りながらも、兵士のために危険を冒すとは、心が深いです。。。

 

 

ところが、ウァレンティヌス(バレンタイン)が兵士の婚姻をとりもっている、という噂は後に皇帝の耳に入ってしまうのでした。

 

 

ローマ皇帝はやはり激怒し、ウァレンティヌス(バレンタイン)に「もう2度と秘密裏に婚姻を結ばせないように!」という命令を下しました。

 

 

しかし、ウァレンティヌスは皇帝の命令に応じず、自分の信じる正しい行為を続けました。

 

 

残念ながら、ウァレンティヌスは皇帝を大激怒させてしまい、処刑されることが決まってしまいました。

 

彼の処刑日は、ルペリカ祭の前日である2月14日が選ばれました。

 

ルペリカ祭は、ローマ帝国のお見合い的大イベント!

そもそもバレンタインの処刑の日はなぜ2月14日、「ルペリカ祭」の前日が選ばれたのでしょうか?

 

 

まずはルペリカ祭について知っておきましょう。

 

当時のローマ帝国では2月14日は女神(ユーノー)の祝日とされていました。

 

そして、2月15日からは豊年を願うルペルカリア祭りが始まりました。

 

このルペルカリア祭、今でいう「お見合い」のような儀式と思ってください(笑)

 

 

お祭りの内容を簡単にまとめると、、、

 

娘たちの名前を書いた紙を入れた桶から、男性が一枚ずつ引きます。

そして、その男性と、引いた紙に書かれた娘は祭りの間パートナーとして一緒に時間を過ごす。

 

ということです。

 

「え、くじ引き、、、?」と、なんだか興ざめな気もしますが。。。

 

 

当時は若い男女は共に生活をすることを禁止されていたので、このお祭りがほとんど唯一の出会いの場であったんですね。

 

それにしても、くじ引きとは、、、くじを引く側の男性は相当強い念を送りながら挑んだに違いありませんね。

 

選ばれる女性もなかなか気が気ではなかったはず。なんともスリル満点な「お見合い」です。

 

 

ところが、意外にも、ここでパートナーとして出会った男女の多くが恋に落ちて結婚した、そうです。

 

 

したがって、ウァレンティヌス(バレンタイン)という人物は、恋人の間をとりもとうとし、恋人を結ぶ祭りの生贄として、祭りの前日に処刑されることになったのです。

 

 

バレンタインの起源にしては、少しブラックな話でびっくりしてしまいますね。

 

まさか誰かが処刑された日だとは。

 

スポンサーリンク

その他の諸説「バレンタインデー後付け説」

初期のローマ教会は、ルペルカリア祭を排除したいと考えていました。

 

しかし、理由もなしに廃止するとなっては、市民の反発を招くことは明らか。

 

そこで、兵士のために殉教したとされるバレンタインを利用する事を思いついました。

 

 

こうして、教会は、昔からあったルペルカリア祭を、バレンタイン由来の祭に解釈をすり替え、祭り自体はその後も続けることにした。という説もあります。

 

 

まとめ

バレンタインの由来は、ローマ帝国時代、皇帝の命令に逆らっても兵士のために婚姻をかなえようとした一人のキリスト教祭司バレンタインの処刑の日だという説が一般的。

 

 

善意ある勇敢な人物の処刑の日というと、とても悲惨な印象です。

 

しかし、彼の勇気ある行動が元で、バレンタインデーが誕生し、何百年もたった現在でも、バレンタインデーが恋人を結びつける素敵な日として祝われているというのは、とても神秘的な気持ちになりますね。

 

 

<関連記事>

バレンタインに誰でも簡単に出来る人気レシピ!第1位は!?

独りバレンタインにおすすめ!バレンタイン動画でひとりを満喫!

 

<広告>バレンタインおすすめギフト 楽天市場



スポンサーリンク
 



にほんブログ村

スポンサーリンク




お得に遊ぶ予約サイトasoview!
U-NEXT
<hulu>2週間無料トライアル
<広告>
スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

ページの先頭へ