「四季折々の日本」季節ごとの様々な行事やイベントの情報をテーマにしたブログ

今日は何の日?12月31日「大晦日」「菜の日」

2017/12/31

12月31日は何の日?

「大晦日」
「菜の日」
です。

それぞれの記念日について解説しています。
ちょっと役立つ豆知識としてお使いください。

スポンサーリンク

「大晦日」

大晦日とは

旧暦では毎月の最終日を晦日(みそか)と言いました。

そのうち、一年の最後の晦日を大晦日と言いました。

元々“みそ”は“三十”であり、“みそか”は30日の意味だったようです。

 

皆さんは除夜の鐘はご存じだと思いますが、

この除夜(じょや)とは、年越しの夜の事を言います

 

そして以前は、除夜は年神を迎えるために一晩中起きている習わしがあったそうです。

一晩中起きている、というほどのことではありませんが、

今でも大晦日には、様々な年越しの行事が行われますよね。

 

先ほど話にでた「除夜の鐘」もそうですし、

年越しそばを食べたり、二年参り(初詣)をしたり。

 

昔の日本で大晦日は、「歳神様」(としがみさま)、または「歳徳様」(としとくさま)とも呼ばれるその年一年間を司る神様が各家へ訪れると信じられていたため、

神様をお迎えするために食事を用意したり、朝まで一晩中起きている、という習わしがあり、その名残がいまも残っているようです。

 

年の初めから来られるため、「正月様」(しょうがつさま)とも呼ばれ、年によって来られる方向が異なっていて、その方角は「恵方」と呼ばれるそうです。

これは節分の「恵方巻」の由来になっていると思われます。

もっとも、巻寿司を食べる、というのは後付けで、関西の海苔の業者さんが仕掛けたイベントなんですけどね。

 

初詣

最近では、歳神様が家に来られるという観念がほとんど無くなりました。

逆に私たちが正月三が日などに初詣に行って神様に願い事をするようになりました。

 

そのきっかけは、明治20年代に官公庁から始まった元旦に御真影を拝む「新年拝賀式」と、

1891年(明治24年)の「小学校祝日大祭日儀式規定」により元旦に小学校へ登校する「元旦節」
というものがあったそうです。

そして全国に広まったのは、関西の鉄道会社が正月三が日に神社へ初詣を行うということを
沿線住民に宣伝し、レジャー的な要素もあってみんなに浸透していったようです。

 

<関連記事>

あなたの知らない初詣の常識!もう迷わない?初詣でのあれこれ

 

スポンサーリンク

毎月31日が記念日
「菜の日」

一般社団法人ファイブ・ア・デイ協会が制定しました。

31日は「カラダ決算日」とし、食材や食品を購入できる場所を持つ小売業と連携し、売場や商品を活用して、消費者へ野菜中心の健康食生活の意識喚起をはかる、ということを目的としています。

また31日の31を「ヤサイ」のサイと読む語呂合わせもかねて31日に制定されました。

 

毎月O日が記念日は別の記事にまとめています。

 

今日は何の日?と思った時に参考にして下さい。

12月の記念日一覧はこちら

毎月ある記念日一覧はこちら

 

年越しにマンネリ?これを押さえて、いつもの年越しを新鮮に!



スポンサーリンク
 



レジャー・体験・あそぶ・をお得にする

サイト「asoview!(アソビュー)」では、

遊びの検索・プランの検討
その場でプランの予約
割引価格で遊べる
ペーパーレスの電子チケット

と、レジャー・体験・あそぶ・をお得にするサービス満載です。

登録して活用してみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です