記念日一覧 1月2日・新年一般参賀・初夢の日・初荷

 

 

1月2日は何の日?

「新年一般参賀」

「初夢の日」

「初荷」

です。

 

それぞれの記念日について解説しています。

ちょっと役立つ豆知識としてお使いください。

 

画像参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/一般参賀#cite_note-New_year-1

 

スポンサーリンク

「新年一般参賀」

・一般参賀とは

一般参賀(いっぱんさんが)というのは、年に2回だけ行われる皇室行事で、新年1月2日と天皇誕生日に開催されています。

 

1948年(昭和23年)から毎年行われていて、中止となったのは、

  • 昭和天皇の病状が悪化した1989年(昭和64年)の新年一般参賀
  • 昭和天皇の崩御により、翌1990年(平成2年)の新年一般参賀

だけで、この2年以外に中止となった年はありません。

 

 

・新年一般参賀とは

新年一般参賀は、新年を祝うために1月2日に行われます。

 

2日に行われるのは、元日には各皇室行事があるため、と言われています。

 

確かに天皇陛下が四方拝を行った後に一般参賀となると陛下のご負担は相当なものになります。

 

元日の午後も分刻みでスケジュールが詰まっているそうです。

 

新年一般参賀には、天皇・皇后、皇太子・皇太子妃、その他各宮家の成年皇族が参加されます。

 

天皇・内廷皇族と秋篠宮家は5回、それ以外の皇族は3回、ないし1回参加するのが通例となっています(平成時代現在)。

 

参照:宮内庁ホームページ

 

 

病気療養中や服喪中の皇族は欠席されることもあります。

 

一回目の一般参賀の模様はNHK総合テレビで生中継されます。

 

また、現在の様に、長和殿に厚いガラスを設け、ガラスの向こうから天皇・皇后を筆頭に成年皇族が参加するようになったのは昭和40年代に左翼活動が激化し、昭和天皇に対しパチンコを撃った「昭和天皇パチンコ狙撃事件」など、セキュリティーの問題があったためです。

 

 

新年一般参賀についての詳しい記事はこちら

 

 

「初夢の日」

初夢とはいつ見る夢の事を言うのでしょうか?

 

実は「初夢(はつゆめ)とは、元日(1月1日)から2日の夜、または、2日から3日の夜に見る夢」とあります。

 

どっちでも良いのですね。

 

昔はその夢で一年の良し悪しを占っていました。

 

そのため、よい夢を見るために枕の下に宝船の絵を敷いて寝る人も多かったそうです。

 

そこに目を付けた商人は宝船の絵を売って歩いたとか。

 

有名なめでたい夢

「一富士、二鷹、三茄子」

は徳川家康の出身地駿河の名物と言う説もあります。

 

 

皆さんは、今年はどんな初夢を見ましたか?

 

 

スポンサーリンク

「初荷」

初荷というのは、年が明けて最初に製品などが出荷されることです。

 

もともとは1月2日の初売りに合わせて行われていました。

 

近年では官公庁や多くの企業で業務が開始される1月4日にするところが多くなっています。

 

その際、「初荷」と書かれた旗やのぼりをつけたトラックが走っていました。

 

 

しかし、最近は小売店が元日から営業を始めるところも多く、初荷の概念が崩壊しつつあります。

 

また、安全性の問題などによって旗やのぼりをつけて走るトラックはほとんど見かけなくなりました。

 

 

毎月○日が記念日は別の記事にまとめています。

 

今日は何の日?と思った時に参考にして下さい。

1月の記念日一覧はこちら

毎月ある記念日一覧はこちら

 

 

⇐1月1日の記念日 ・ 1月3日の記念日⇒

 

 

 

 



スポンサーリンク
 



にほんブログ村

   記念日 

スポンサーリンク




お得に遊ぶ予約サイトasoview!
U-NEXT
<hulu>2週間無料トライアル
<広告>
スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

ページの先頭へ