記念日一覧 1月7日・人日の節句・消救車の日

 

 

1月7日は何の日?

「人日の節句」

「消救車の日」

です。

 

それぞれの記念日について解説しています。

ちょっと役立つ豆知識としてお使いください。

 

画像引用元:http://www.misbit.com/recipe/mid001940.html

 

スポンサーリンク

「人日の節句」

人日(じんじつ)とは、五節句の一つで1月7日。七草がゆを食べることから七草の節句ともいいます。

 

 

昔中国では、正月の1日を鶏の日、2日を狗(犬)の日、3日を猪(豚)の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていました。

 

そして、7日目を人の日(人日)とし、犯罪者に対する刑罰は行わないことにしていました。

 

 

その風習が平安時代に日本に伝わり、1月7日を節句として定めたのです。

 

 

七草がゆを食べるようになったのはなぜでしょうか?

 

 

昔の中国では、この日には7種類の野菜を入れた吸い物を食べる習慣がありました。

 

一方日本では「若菜摘み」といって、新年に若い野草を摘んで食べる習慣がありました。

 

平安時代に中国から伝わった風習と、日本で昔から行われてきた若菜摘みがミックスされて、七草がゆを壁るようになったと考えられています。

 

 

江戸時代になると、人日を含む五節句が幕府の公式行事になり、七草がゆを食べて人日の節句を祝うようになりました。

 

やがて庶民も同じように祝うことになって、一般に定着しました。

 

 

春の七草は、セリ、ナズナ、ゴギョウ(ハハコグサ)、ハコベラ、ホトケノザ(オオバコ)、スズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)。

 

「消救車の日」

消防車ではなく、「消救車」とは何でしょうか?

 

これは消防機能と救急機能を併せ持つ世界初の車です。

 

2005年1月7日、その消救車第1号車が千葉県松戸市に配備されたことから、この車を開発をした株式会社モリタホールディングスが制定しました。

 

 

ちなみに価格ですが、2000万円。

 

普通消防ポンプ車の平均価格1500万円、普通救急車の平均価格900万円。

 

果たして高いのか安いのか。

 

 

毎月○日が記念日は別の記事にまとめています。

 

今日は何の日?と思った時に参考にして下さい。

1月の記念日一覧はこちら

毎月ある記念日一覧はこちら

 

 

⇐1月6日の記念日 ・ 1月8日の記念日⇒

 

 



スポンサーリンク
 



にほんブログ村

   記念日 

スポンサーリンク




お得に遊ぶ予約サイトasoview!
U-NEXT
<hulu>2週間無料トライアル
<広告>
スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

ページの先頭へ