鏡開きとはいつするものなのか?意味や由来は?

お正月に飾った鏡餅。

なかなかの存在感がありました。

 

あれを食べるのはあまり好きではありませんでした。

焼いても炊いても固くて・・・

 

でも必ず一口は食べさせられましたね。

何故なんでしょう?

 

そこで調べました。

鏡開きにはどういう意味や由来があるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

鏡開きとは?

鏡開き(かがみびらき)または、鏡割り(かがみわり)とも言いますが、これは、お正月に飾った鏡餅を下げ、無病息災などを祈って食べる行事のことです。

 

 

もともとは神様にお供えしていたものですから、神仏に感謝して食べましょう。

 

 

食べ方はいろいろありますが、一般的には汁粉やぜんざい、雑煮、あられなどで食べるようです。

 

 

最近では美味しく食べるための調理法なども紹介されていますね。

 

鏡開きをするのはいつ?

鏡開きをする日はほとんどの地域で1月11日です。

 

しかし、関西では1月20日に行ったり、京都府や近隣の一部では、1月4日に行ったり、例外もあります。

 

 

もともとは小正月(1月15日)が明ける1月20日に行われていたそうですが、徳川家光が4月20日に亡くなったため、「20日」を避けるようになって、松の内(1月7日)が明けてからの1月11日になりました。

 

 

関西は、幕府の「鏡開きは1月11日に変更」という指示が徹底できず、昔ながらの20日に行われているのではと推測されています。

 

 

京都府やその近隣の1月4日に関しては分かっていないようです。

 

 

松の内が明けてからの理由は、そもそも鏡餅は神様にお供えしている物なので、神様がいる間は飾っておき、神様がお帰りになってから頂く、ということのようです。

 

 

また、11日は、商家の仕事始めにあたる蔵開きの日でもあります。

 

 

スポンサーリンク

鏡開きの意味

神様にお供えしていたものは力が宿ると考えられていて、それを感謝しながら食べることによって無病息災を祈念するものです。

 

 

つまり、食べることに意味があるのですね。

 

鏡開きの由来は?

正確なところは分かっていないところもありますが、室町時代には今と同じ方法で行われていたそうで、もともとは武家社会の風習から一般化したようです。

 

 

ではなぜかつては20日に行われていたのでしょうか?

 

実はそれは単なる語呂合わせだったんですね。

 

 

昔、武士は鎧などの具足に供えた具足餅を下げて雑煮などにして食べ、これを「刃柄(はつか)」を祝うと言い、女性は鏡台に供えた鏡餅を開く事を「初顔(はつかお)」を祝うと言いました。

 

 

「はつか」と「はつかお」で20日(はつか)。

 

 

記念日とかもそうですが、由来が語呂合わせって意外と多いですね。

 

スポンサーリンク

鏡開きの正式なやりかた

武家社会から広がった風習だけあって、餅を刃物で切ることは「切腹」をイメージさせるため、木槌などで叩いて割るのが正式なやりかたです。

 

 

また、「切る」「割る」というのもイメージが悪いため、「開く」という表現をします。

 

 

そして、鏡は円満を、開くは末広がりを意味するそうです。

 

 

鏡餅を食べることを「歯固め」と表現するそうですが、これは「硬いものを食べ、歯を丈夫にして、年神様に長寿を祈る」ということのようです。

 

 

だから子供のころ、あんなに固い餅を食べさせられたわけですね。

 

 

まとめ

鏡開きは1月11日に行われる行事ですが、関西では20日に行われるところもあり、京都府と近隣の一部では4日に行われるところもあります。

 

 

また、鏡開きで餅を食べる行為には、色々な願いが込められていて、神様に感謝しながら食べるようにしましょう。

 

 

<関連記事>

記念日一覧 1月11日・鏡開き・蔵開き・樽酒の日など

小正月とは?いつ?読み方は?由来や意味・行事・食べ物について

十日戎(えびす)とは何?福笹や熊手の飾り方は? 

 

 



スポンサーリンク
 



にほんブログ村

   行事 

スポンサーリンク




お得に遊ぶ予約サイトasoview!
U-NEXT
<hulu>2週間無料トライアル
<広告>
スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

ページの先頭へ