小正月とは?いつ?読み方は?由来や意味・行事・食べ物について

お正月気分も抜けてきたころにやってくる「小正月」

 

 

かつては成人の日と重なっていたためあまり目立ちませんでした。

 

 

しかし、昔から続く大切な日だったんですね。

 

 

ここでは「小正月」とはいつなのか、またその由来や意味、行事、そして食べ物に関することを解説していきます。

スポンサーリンク

 

<スポンサードリンク>

小正月って、いつ?

小正月(こしょうがつ)とは、1月15日または、14日から16日までの3日間を言います。

 

 

本来は旧暦の1月15日ですが、新暦が採用されてからもそのまま1月15日になりました。

 

 

元日、または松の内を大正月(おおしょうがつ)と呼ぶのに対して小正月と呼ぶのですが、正月の終わりとも言われています。

 

 

女正月(おんなしょうがつ)、花正月(はなしょうがつ)などと呼ぶ地方もあります。

 

・女正月(おんなしょうがつ)

地方によっては、本来は休めるはずの松の内に忙しく働いた主婦をねぎらう意味で、女正月と言います。

 

 

場所によっては男性が女性の代わりに家事を行う日とされるそうです。

 

 

現在では家事の役割分担は当たり前ですが、昔は「家事は女性がするもの」と決まっていたからなんですね。

 

 

・花正月(はなしょうがつ)

地方によっては小正月に餅花(もちばな)などを飾ります。

 

 

この餅花を飾ることから「花正月」ともいいます。

 

 

餅花とは、餅や団子を小さく丸めて柳などの木の枝につけたもののことで、これは、一年の五穀豊穣を祈念する意味があります。

 

スポンサーリンク

小正月の由来

旧暦というのは月の満ち欠けで日にちを決めていて、1ヶ月は満月の日から次の満月の前日まででした。

 

 

そして、新しい年は「立春」の日から始まりましたので、新しい年の1日は立春を過ぎて最初の満月の日。

 

 

それが旧暦の1月15日だったのです。

 

スポンサーリンク

小正月の行事

小正月は豊作祈願などの農業に関連した行事が中心となります。

 

 

また、「とんど焼き」もしくは「どんど焼き」と言われる、門松や正月飾りを燃やし、悪霊払いをする行事もあります。

 

 

「とんど」か「どんど」は地方によって言い方が違いますが、小正月の行事として一番思い当たる方が多いのではないでしょうか。

 

 

餅花の一種である繭玉をつくって養蚕の予祝をおこなったり、「道具の年越し」とし農具のミニチュアをこしらえ豊作を祈願する習慣が残っている地域もあるそうです。

 

 

小正月の食べ物

1月15日に小豆粥を食べると、その年の疫病にかからないと言われていて、古くは『土佐日記』や『枕草子』などにも、小正月に小豆粥を食べたことが記されています。

 

 

これは、元々は中国の道教の行事である三元に由来すると考えられています。

 

 

三元についてはこちらを参照してください。

参照:ウィキペディア「三元」

 

スポンサーリンク

まとめ

幼少のころ、お飾りなどを焼いたあとの灰を餅につけて食べさせられた記憶があります。

 

 

普段は落ちた物を拾って食べたりすると

「汚いからやめなさい」

と叱られたのに、なんでわざわざ灰をつけて食べるのか不思議で仕方ありませんでした。

 

 

昔からつづく行事には様々な意味や願いが込められていることを改めて感じました。

 

国内旅行をお得に!WBFダイナミックパッケージ
「航空券・高速バス+ホテル!」
<関連記事(一部広告)>


スポンサーリンク
 



にほんブログ村

   行事 

スポンサーリンク




お得に遊ぶ予約サイトasoview!
U-NEXT
<広告>
スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

ページの先頭へ