節分とは?子供向けに由来が簡単にわかる説明をしよう

毎年2月が近づくとスーパーをはじめ、街中いたるところで目にする「節分」。

 

 

子供に「節分って何?」と聞かれたとき、子供向けに由来が簡単にわかる説明をしたいところですよね。

 

 

そこで、節分の由来を子供むけにかみくだいて分かりやすく説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

スポンサーリンク

↓↓↓↓

節分とは?由来や意味・豆まきや柊鰯、恵方巻まで徹底解説

 

 

 

<スポンサードリンク>

節分とは

節分というのは「季節を分ける」という意味があります。

 

 

昔、江戸時代のころの日本のカレンダーでは2月のはじめ頃に春がやって来ることになっていたんですね。

 

 

春がやってくることを「立春(りっしゅん)」と言います。

 

 

つまり、節分の日が冬の終わりの日で、次の日から春になる、という意味になります。

 

 

もともとはそれぞれ春から夏、夏から秋、秋から冬へ季節の変わる日も「節分」と言っていましたが、江戸時代の人々は「春」がやってくることをとても喜んで、冬から春になる日を特別扱いしたことが現在の「節分」の由来なんですね。

 

 

昔は今のように暖房がきいた部屋ですごせるわけもなく、すきま風が入ってくるおうちで生活していたため、春がやってくることが今よりももっと嬉しかったことはすぐに想像ができますよ。

 

 

では、節分の日に豆をまくのはなぜでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

節分の日に豆まきをする理由

「どうして節分の日には豆まきをするの?」と子供に聞かれたとき子供向けに説明するために、豆まきの由来を簡単にわかるように解説します。

 

 

むかしむかし、江戸時代よりももっと昔、鞍馬山で鬼退治するときに炒った豆を鬼の目にぶつけてやっつけた、というお話がもとになっていて、今でもその伝説にならって炒った豆をまくようになった、という話が有力な説です。

 

 

豆には「生命力と魔よけの力がある」と信じられていたため、豆をまくようになったのです。

では、なぜ炒った豆なんでしょう?

 

 

スポンサーリンク

節分でまく豆を炒る理由は?

節分でまく豆を炒るのには2つの理由があります。

 

 

ひとつは、炒っていない豆をまくと芽が出てきてしまうからです。

 

 

これは単純でわかりやすいですね。

 

 

もう一つの理由は、神様と鬼の約束があるからです。

 

 

むかし、人喰い鬼があばれていた時代がありました。

 

 

人々がこまっているのを見かねた神様が、

「この豆の芽が出るまで人を喰ってはならない」

と言って炒った豆を鬼に渡しました。

 

 

それ以来、鬼は豆から芽が出るのをずっと待っているんですって。

 

 

炒った豆からは芽が出ないため、これからも鬼が人を喰うことはありませんね。

 

 

「鬼はそと」

と言って豆をまくときは、鬼を退治する気持ちで、

 

 

「福は内」

と言って豆をまくときは、生命力をおうちの中に招き入れる気持ちでまくのが良いでしょう。

 

 

子供向けに簡単に説明するポイント

小さなお子さんに説明するときに気をつけるポイントです。

 

 

まだ小さなときは大人に比べて語彙(ボキャブラリー)が少ないため、分からない単語が出てくるとそれだけで話そのもの全部が分からないということになることもあります。

 

 

子供が知らない言葉だな、と思ったら、知っている言葉に置き換えて説明してみましょう。

 

 

年齢によって理解することのできる言葉の数が変わってきますが、

 

 

例えば「炒った」ですと「火で熱した」とか「フライパンで一度熱くした」などと言い換えてみると良いですね。

 

 

ただ、言い換えもあまりやりすぎると逆にややこしくなるのでご注意を(笑)

 

 

<関連記事>

節分とは?由来や意味・豆まきや柊鰯、恵方巻まで徹底解説

 

 

国内旅行をお得に!WBFダイナミックパッケージ
「航空券・高速バス+ホテル!」
<関連記事(一部広告)>


スポンサーリンク
 



にほんブログ村

   行事 

スポンサーリンク




お得に遊ぶ予約サイトasoview!
U-NEXT
<広告>
スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

ページの先頭へ