日本VSカタールの過去の戦績は?アジアカップ2019決勝

AFCアジアカップUAE2019決勝に進んだ日本代表。

2月1日に行われる決勝戦の対戦相手はカタール。

 

この対戦を前に、過去の日本VSカタールの通算戦績を確認しておくことにしましょう。

 

アジアカップ2019地上波での放送予定は?

 

 

スポンサーリンク

日本VSカタールの過去の戦績

 

1983年2月25日:国際親善試合(カタール)

日本 0-1 カタール

 

1984年4月26日:オリンピック予選(シンガポール)

日本 1-2 カタール 【得点】52分 原博実

 

1994年10月5日:アジア競技大会(日本)

日本 1-1 カタール 【得点】56分 高木琢也

 

2000年10月20日:        AFCアジアカップ(レバノン)

日本 1-1 カタール 【得点】61分 西澤明訓

 

2007年7月9日:AFCアジアカップ(ベトナム)

日本 1-1 カタール 【得点】60分 高原直泰

 

2008年11月19日:FIFAワールドカップ予選(カタール)

日本 3-0 カタール 【得点】19分 田中達也 47分 玉田圭司 68分 田中マルクス闘莉王

 

2009年6月10日:FIFAワールドカップ予選(日本)

日本 1-1 カタール 【得点】2分 オウンゴール

 

2011年1月21日:AFCアジアカップ(カタール)

日本 3-2 カタール 【得点】29分 香川真司 71分 香川真司 90分 伊野波雅彦

 

参照元:https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20190131/900386.html

 

 

過去8回対戦し、2勝2敗4分け。

全くの互角と言ってよい戦績となっています。

 

では、直近の4試合に限ってみた場合はどうでしょう。

 

その場合ですと、2勝2分けと日本代表が勝っています。

 

そして特筆すべきことが。

その2勝というは敵地、カタールでの勝利ということ。

 

もちろん当時とはメンバーも違うので一概には言えないものの、敵地で勝利をおさめているということは、普通の勝利よりも価値があることなので、力の差としては日本代表のほうが上回っているのではないでしょうか?

 

しかし、日本がカタールと最後に対戦したのは8年前になる。

ワールドカップに換算すれば2大会ぶりの対戦となるだけに、過去のデータは当てにならない部分も多分にある。

 

では、アジアカップの歴代の優勝国を確認してみましょう。

 

スポンサーリンク

アジアカップの歴代優勝国

 

1956年:韓国(香港)

1960年:韓国(韓国)

1964年:イスラエル(イスラエル)

1968年:イラン(イラン)

1972年:イラン(タイ)

1976年:イラン(イラン)

1980年:クウェート(クウェート)

1984年:サウジアラビア(シンガポール)

1988年:サウジアラビア(カタール)

1992年:日本(日本)

1996年:サウジアラビア(UAE)

2000年:日本(レバノン)

2004年:日本(中国)

2007年:イラク(インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム)

2011年:日本(カタール)

2015年:オーストラリア(オーストラリア)

 

参照元:https://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?249331-249331-fl

 

 

ご覧の通り、過去4回と最多の優勝を誇る日本。

 

大会がスタートしたばかりは韓国が連覇したものの、最近では2回に1回は日本が優勝。

 

前回大会で優勝していないだけに今回は日本が優勝する順番、というのは希望的観測です。

とはいうものの、実現性は高いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

日本VSカタール戦のまとめ

 

日本VSカタールは、過去の戦績において5分5分です。

が、最近では日本が2勝4分けと優勢であり、過去4度の優勝を経験していることから、日本有利であることは間違いないでしょう。

 

ガンバレ日本

 

アジアカップ2019決勝戦・地上波での放送予定は?

 

 

 

 

国内旅行をお得に!WBFダイナミックパッケージ
「航空券・高速バス+ホテル!」
<関連記事(一部広告)>


スポンサーリンク
 



にほんブログ村

   スポーツ 

スポンサーリンク




お得に遊ぶ予約サイトasoview!
U-NEXT
<hulu>2週間無料トライアル
<広告>
スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

ページの先頭へ