花粉症対策に効果的な食べ物は?ヨーグルト・れんこんなど

 

毎年、花粉に悩まされる方は多いとおもいますが、花粉症対策にはどのようなことが有効なのでしょうか?

 

今回は「花粉症対策に効果的な食べ物」について紹介します。

 

ヨーグルトやレンコン、さんまなど花粉症の症状改善につながる食べ物ってたくさんありますね。

 

まずは、いつ頃から花粉が飛び始めるか、簡単に把握しておきましょう。

 

ここでは「スギ」「ヒノキ」の花粉が多くなる時期について書いています。

 

スポンサーリンク

<花粉の時期>

・北海道エリア

比較的少ないのですが、それでも若干の飛散があります。

 

「スギ」3月初旬から5月初旬にかけて (0.1~5.0個/cm2/日)

「ヒノキ」4月下旬から6月いっぱい (0.1~5.0個/cm2/日)

 

 

・東北エリア

「スギ」1月下旬から飛び始めて2月下旬より多くなります(50.1~個/cm2/日)

 

4月中旬まで多く、そのご少しずつ減り、6月中旬まで続きます。

 

「ヒノキ」3月中旬より飛び始め、4月はまるまる1ヶ月間多くの花粉(50.1~個/cm2/日)が飛んでいます。

 

5月初旬から減り始め、中旬には収束していきます。

 

 

・関東エリア

「スギ」夏場を除いて、ほぼ1年中飛んでいます。

 

ピークは2月から4月のまるまる3ヶ月間。

 

「ヒノキ」1月中旬から飛び始め、3月中旬から4月いっぱいがピーク。

 

その後少しづつ減り、7月初旬まで。

 

 

・東海・中部エリア

「スギ」冬場は常に少し飛んでいますが、2月下旬から3月中旬がピーク。

 

「ヒノキ」3月初旬から飛び始め、4月に入るとピークを迎え、下旬には減っていく。

 

 

・関西・中国エリア

「スギ」1月中旬から飛び始め、2月中旬から3月いっぱいがピーク。

 

5月初旬まで続きます。

 

「ヒノキ」1月下旬から飛び始め、4月に入ると一気にピークを迎える。

 

4月下旬から減っていき、5月いっぱい続く。

 

 

・九州エリア

「スギ」冬場はほぼいつも飛んでいるが、2月初旬から3月下旬がピーク。

 

「ヒノキ」3月初旬にいきなりピークを迎える。4月中旬から減り始め、5月中旬まで続く。

 

 

ほかにも花粉症を引き起こす植物としてはハンノキ属(カバノキ科)、イネ科、ブタクサ属(キク科)、ヨモギ属(キク科)、カナムグラ(アサ科)などがある。

 

 

スギ、ヒノキの花粉が多い時期を過ぎると、イネ科の植物の花粉が増えてくる。

 

 

<花粉症対策に効果的な食べ物は?>

さんま(青魚)

EPA、DHAという言葉を聞いたことのある方は多いと思います。

『EPAは血液を健康に、DHAは頭を健康に』

また、

『成人にはEPA、乳幼児にはDHA』

と言われています。

 

実は、このEPA、DHAは花粉症対策にも有効であることが分かっています。

 

 

さんまをはじめとする青魚は「EPA、DHA」が豊富に含まれているのですが、特にEPAは抗炎症作用があり、アレルギーを抑制する効果が期待できます。

 

 

花粉症の症状の一つである「鼻詰まり」

 

この鼻詰まりを起こす物質を「ロイコトリエン」と言うのですが、青魚に含まれるEPAやDHAは、この鼻詰まりを起こす物質、ロイコトリエンの発生を抑止する効果があります。

 

 

EPAとは

EPAとは「エイコサペンタエン酸」の略称です。いわし・さば・あじなどの青魚に多く含まれるn-3系脂肪酸のひとつです。

主に青魚の油に多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)は、体内でほとんど作ることができない「必須脂肪酸」の一種です。

引用元:ニッスイより

 

EPAとDHAの違いは?

EPAは60年代にその働きが発見されて以来、血液の性状を健康に保ち、特に血栓ができにくくしたり、高脂血症を予防する結果、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防するという働きがあるということが世界中の医学者によって研究され続けてきました。

DHAは80年代の後半に脳や網膜などの神経系に豊富に含まれている栄養素であることが話題となり、DHAを食べると「頭の働きがよくなるのでは?」といった分かりやすいフレーズで一躍有名になりました。

引用元:http://sara2.jp/epa/difference.html

 

 

スポンサーリンク

ヨーグルト

ヨーグルトの「乳酸菌」によって腸内の善玉菌が増え、その結果、腸内環境が整います。

 

 

さらにヨーグルトには、花粉症の原因であるIgE抗体の活動を抑制する作用もある事から、アレルギー症状の緩和に効果があると期待されています。

 

 

ヨーグルトは、1日200gほど毎日食べ続けると2~4週間ほどで効果が出始めるそうです。

 

 

ブルーベリー

ブルーベリーの紫色の成分「アントシアニン」。

 

この「アントシアニン」が花粉症の原因であるヒスタミンを抑制し、アレルギー症状の緩和に効果があるそうです。

 

アントシアニンを多く含む果物はビルベリーやアサイーベリーなどもありますが、日本で入手しやすいのはブルーベリーですね。

 

 

アントシアニンとは?

ポリフェノールの一種。高い抗酸化作用があり、

アンチエイジングに効果があると言われている。

 

ヨーグルトにブルーベリーソースを乗せて食べるのも美味しいですよね。

 

 

スポンサーリンク

バナナ

東京理科大学の研究で、

スギ花粉症を発症させたマウスにバナナを毎日食べさせると、白血球が増加し、花粉症アレルギーの指数である好酸球の数の増加を抑える効果が確認されたそうです。

 

 

また、2013年に筑波大学が発表した花粉症の研究データによると、バナナを1日2本(約200g)、8週間毎日食べ続けることによって花粉症の症状の一つ「くしゃみ」が緩和されたそうです。

 

 

スギ花粉が飛散しはじめる、約2週間前から食べ始めるのが効果的とか。

 

 

バナナヨーグルトなんていうのも美味しいですね。

 

 

みかんの皮

みかんの皮には「ノビレチン」という成分が豊富に含まれていて、花粉症の鼻水やくしゃみなどの炎症の原因となるヒスタミンの放出を抑える効果があるそうです。

 

 

さらに牛乳やヨーグルトの乳タンパク成分である「β‐ラクトグロブリン」と一緒に摂取することによって、その効果が高まることがわかっています。

 

 

ヨーグルトのトッピングに困ることがないですね。

 

 

スポンサーリンク

れんこん

れんこんに含まれる「タンニン」は炎症を抑える働きや止血作用、のどの痛みや鼻水などを抑える働きがあり、「ムチン」と呼ばれる粘り成分は粘膜の炎症などを抑える効果があります。

 

 

抗酸化作用のある色素成分のポリフェノールも豊富に含まれていて、アレルギー症状の原因となるIgE抗体の過剰生産を抑える働きがあることもわかっているそうです。

 

 

埼玉医科大学の研究によると、花粉症患者にレンコンを摂取してもらうことで9週間でIgEの量が減少したそうです。

 

 

更にレンコンと乳酸菌を合わせて摂取すると2週間後には花粉症患者623人のうち70%の人が「効果がある」と答えているそうです。

 

 

レンコンのぬか漬けなんて、ご飯のおともに良いかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

しそ

しそに含まれるポリフェノールの一種「ロズマリン酸」。

 

この「ロスマリン酸」は花粉症による鼻炎症状を抑える作用があるなど臨床試験などで明らかとなってきました。

 

 

また、シソに含まれる「αリノレン酸」には抗アレルギー作用があり、シソに含まれるフラボノイドの一種で「ルテオリン」には、IgE抗体の分泌を促して花粉症の原因物質を抑える作用もあることから花粉症予防の効果が期待されています。

 

 

さんまの刺身に刻んだシソをまぶして食べるなんて、最高!

 

 

ワサビ

ワサビの成分には、花粉症のアレルゲンタンパクを別の物質に変える作用があるため、花粉症の症状の軽減効果が期待されています。

 

 

さんまの刺身や焼いたさんまをワサビ醤油で、絶対美味しい。

 

 

紫いも

さつま芋の品種のひとつ、「紫いも」。

 

この紫色の成分の正体は、ポリフェノールの一種である「アントシアニン」

 

 

ブルーベリーにも含まれるアントシアニンは抗酸化作用があり、花粉症の原因であるヒスタミンを抑制し、アレルギー症状の緩和に効果があります。

 

 

小腹がすいたらおやつに。

 

冬といえば焼き芋が恋しい季節ですね。

 

 

アカモク

アカモクというのは海藻の一種で、湯がいたり刻んだりすると強い粘り気がでます。

 

 

このネバネバ成分「フコイダン」は食物繊維の一種で、腸内環境を整え、抗酸化作用や美容効果などがあり、さらには免疫力を高めて花粉症にも効果が期待できるといわれています。

 

 

アカモクにはフコイダン以外にもポリフェノールや食物繊維、カルシウム、マグネシウム、ビタミンKなども豊富に含まれています。

 

 

期待される効果は上記以外にも抗がん作用、脂肪燃焼作用、糖尿病予防などがあり、スーパーフードといわれています。

 

 

アカモク、オクラ、納豆のネバネバトリオを温かいご飯に乗せて。

 

もう、たまりません。

 

 

玉ねぎ

ポリフェノールの一種である、ケルセチンを含んでおり、花粉症の改善に十分な効果を発揮してくれます。

 

発酵食品である味噌を使った玉ねぎの味噌汁は欠かせません。

 

 

ふき

フキにはポリフェノールの一つであるフキノール酸が含まれています。このフキノール酸には、細胞からヒスタミン、ロイコトリエンが出るのをブロックする働きがあります。

 

 

醤油で薄味に炊いたふき。小鉢で出てきたらお酒が進みそう。

 

 

きくらげ

最近花粉症対策として話題になっている「ビタミンD」。

 

そのビタミンDを多く含むきのこと言えば、キクラゲです。

 

きくらげは酢の物がいいかな。

 

 

精進料理

結局、結論から言えば昔ながらの日本食が見直される訳です。

 

<免疫力を高める食事の食べ方>

 最後に、免疫力を高める食べ方というのがあるそうなので紹介します。

 

 (1)温かいものを食べる

 免疫力を落とさないためには、体温を下げすぎないことが大切になるそうです。

 

温かいほうが美味しいですし、ね。

 

 (2)よく噛んで食べる

 唾液にも免疫力をアップさせる効果があります。

 

よく噛むことによって唾液の分泌が多くなり、免疫力アップにつながります。

 

 

 (3)楽しく食べる

楽しく食べることによって消化吸収がよくなり、また、リラックスすることで脳からα波が出て免疫の働きを整えてくれることも期待できます。

 

 

まとめ

花粉症対策に効果のある食べ物を取り入れながら美味しく、楽しく、花粉症に負けない体質づくりに取り組んでいきたいですね。

 

 

<関連記事>

花粉症対策に効果的な飲み物

花粉症対策・食べてはいけない食べ物10選

花粉症対策に効果的!じゃばら

 



スポンサーリンク
 



にほんブログ村

   花粉症 

スポンサーリンク




お得に遊ぶ予約サイトasoview!
U-NEXT
<hulu>2週間無料トライアル
<広告>
スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

ページの先頭へ