「四季折々の日本」季節ごとの様々な行事やイベントの情報をテーマにしたブログ

ひな祭りにはまぐりのお吸い物を食べるのはなぜ?由来と意味

2018/02/03

ひな祭りの定番メニューの一つには「まぐりのお吸い物」があります。

 

なぜ「はまぐり」のお吸い物が定番メニューなのかご存じですか?

「はまぐり」って普段あまり食べません。

貝というと「あさり」をイメージする方が多いのではないでしょうか。

 

今回はひな祭りには「まぐり」を食べるのはなぜなのか、由来と意味についてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

「はまぐり」ってなに?どんな貝なの?あさりやしじみとは違う?

まずは「はまぐり」について少し知っていきましょう。

「はまぐり」は2枚貝といって、2枚の貝殻が1対になっている貝です。

 

2月~4月が旬であるため、ひな祭りの3月にぴったりの旬の貝となっています。

 

はまぐりは栄養価が高く鉄分、カルシウム、タウリン、ビタミンB2、B12、亜鉛が含まれています。

栄養価が高い「はまぐり」ですが、普段から「はまぐり」を食べているという人は少ないのではないでしょうか。

普段お吸い物やお味噌汁に入れるのは、「あさり」や「しじみ」だという人は多いのでは!?

 

「あさり」「しじみ」「はまぐり」ってなんだか似ていますよね。

この3つの貝は全て2枚貝となっています。

それぞれどのような違いがあるのかご存じでしょうか?

 

「あさり」「しじみ」そして「はまぐり」の違いは貝の表面を触ってみると分かります。

「あさり」は表面がざらざらとしているのに対し、「しじみ」はざらざらしていません。

「はまぐり」は表面がつるつるしています。

 

見た目も違っていて、「あさり」には細かい縦線がたくさん入っており、「しじみ」は細かい横線が入っています。
「はまぐり」は線などは入っておらず丸っこい感じとなっています。

 

気になる大きさですが、「しじみ」よりも「あさり」が大きく「あさり」よりも「はまぐり」の方が大きいです。

値段は「はまぐり」が一番高いです。

そのため普段から「はまぐり」を食べているという人が少ないのではないでしょうか。

 

「はまぐり」「あさり」「しじみ」のそれぞれの特徴を知っていれば、違いはすぐに分かるようになります。

 

スポンサーリンク

なぜひな祭りに「はまぐり」なの?「はまぐり」を食べる意味は?

「はまぐり」がどんな貝であるのかということが分かったと思います。

ではなぜ「はまぐり」をひな祭りに食べるのかについて見ていきましょう。

 

2枚貝である「はまぐり」は、くっついている貝とでないとぴったりとくっつくことはありません。

他の「はまぐり」とは絶対にぴったりと合わさることがないのです。

 

ひな祭りは娘の幸せを願い行われるものです。

親が自分の娘に

「素敵な人と出会い一緒になって欲しい」

という意味を込め、「はまぐり」のお吸い物がひな祭りの定番メニューになったのだと言われています。

 

「はまぐり」は結婚式でも登場することがあることはご存知でしょうか?

和風の結婚式に「はまぐり」はかかせないのだそうですよ。

結婚式に「はまぐり」が出される理由はひな祭りに「はまぐり」が出される理由と同じです。

 

どちらも幸せを願って出されています。

 

スポンサーリンク

ひな祭りに「はまぐり」のお吸い物を食べるのにはこんな由来があった!

「一生一人の人と添い遂げる」

このような意味をもつことから、「はまぐり」は江戸時代の頃には嫁入り道具として扱われてきました。

 

身分の高いお嬢様が嫁入りする時には、1年分365個もの「はまぐり」にきれいな絵を書いて嫁入り道具として持ってきていたと言われています。

 

現代では嫁入り道具を持って結婚するという方は少なくなりました。

昔は今と違い離婚などという発想はなく一度嫁いだら一生添い遂げるというのが当たり前でした。

 

そのため嫁入り道具を嫁に行く娘に持たせ「幸せになれよ」とエールを送っていたのだと考えられます。

 

スポンサーリンク

「はまぐり」の豆知識!むかしは遊びで使われていた⁉

平安時代のことです。

身分の高いお嬢様たちは「はまぐり」を使って遊んでいました。

 

2枚貝である「はまぐり」の片方に絵を書きます。

そして絵が描かれた「はまぐり」のもう片方を探すというゲームをしていたのです。

 

このゲームは貝覆いと言われ、「はまぐり」のぴったりくっつく相手をみんなで一生懸命探していたと言われています。

現代でいうところの神経衰弱のようなゲームであるといえば分かりやすいでしょう。

 

スポンサーリンク

ひな祭りには「はまぐり」のお吸い物を作ろう!

ひな祭りに「はまぐり」のお吸い物が出される理由が分かりました。

 

「はまぐり」のお吸い物をどうやって作るのかご存じですか?

「はまぐり」のお吸い物の作り方をチェックしましょう。

 

「はまぐり」のお吸い物は、砂抜きさえしっかり行っておけば簡単に作ることができます。

砂抜きをしっかり行わないと食べた時に砂のじゃっりとした食感を味わうことになってしまいます。

砂を噛むあの感じ、嫌ですよね。

 

スーパーで「はまぐり」を購入した場合、すでに砂抜きされたものもあります。

しかし砂抜きされていたとしても万が一がありますので、しっかり自分でも砂抜きをしておくことをおすすめします

 

「はまぐり」のお吸い物を作る場合に必要な材料は「はまぐり」、昆布(出汁用)、あれば三つ葉です。

「はまぐり」のお吸い物を作る場合、昆布で出汁をしっかり取ることがおいしいお吸い物を作るためのポイントとなります。


引用元:https://youtu.be/LyonkMwNGVo

 

こちらは「はまぐり」のお吸い物のレシピ動画です。

動画で見ると作り方がよく分かりますね!

 

クックパッドでもたくさんのレシピが公開されていますが、作り方がいまいち分からないといったこともあるでしょう。

動画で見ると細かいところも分かりやすいのでおすすめです。

 

「はまぐり」は離乳食後期から食べさせることができる食材です。

そのため初節句の時に離乳食後期で順調に離乳食が進んでいるのであれば、食べさせてあげることができます。

 

離乳食で「はまぐり」を食べさせる場合はしっかりと加熱調理して下さいね。

そして新鮮なものを食べさせるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はひな祭りで食べる「はまぐり」のお吸い物についてみていきました。

 

  • 「はまぐり」は大きく栄養価が高くちょっと値段が高級である
  • 「はまぐり」には一生一緒に添い遂げるという意味がある
  • 身分の高い女の子の嫁入り道具として素敵な絵が描かれた「はまぐり」が送られた
  • 「はまぐり」で貝覆いという遊びをしていた
  • 「はまぐり」のお吸い物のレシピは動画で見ると分かりやすい

 

ひな祭りに「はまぐり」のお吸い物を食べる理由が分かりました。

お祝いメニューとして出されるメニューには意味があります。

意味をしっかり理解して食べるようにしていきたいですね。

 

<関連記事>

ひな祭りとは?由来や意味が簡単にわかる!

ひな祭りの食事って⁉初節句の子供にはなにを食べさせたらいいの?



スポンサーリンク
 



レジャー・体験・あそぶ・をお得にする

サイト「asoview!(アソビュー)」では、

遊びの検索・プランの検討
その場でプランの予約
割引価格で遊べる
ペーパーレスの電子チケット

と、レジャー・体験・あそぶ・をお得にするサービス満載です。

登録して活用してみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です