クリスマス・ちょっと気になる世界のクリスマス事情!

日本でのクリスマスと言えば、色とりどりの華やかなイルミネーション、クリスマスケーキ、フライドチキンなど豪華なディナー。

 

そしてプレゼント!

 

子供の頃から大人になってもクリスマスのワクワク感って変わらないですよね。

 

毎年当たり前のように盛り上がるクリスマスですが、日本のクリスマスは本場以上に本場、と言われることもあるんです。

 

「クリスマスケーキ」文化は日本だけ、クリスマスにチキンは日本だけ、、、、さすが導入上手な日本は、独自のクリスマス文化を浸透させています。

 

私自身もアメリカ留学中に、「アメリカのクリスマス」の理想を想像していましたが、良い意味でも悪い意味でも想像と違うことが沢山ありました。

 

特にクリスマスにワクワクうきうきで旅行に出かける予定のある方、実はクリスマスの旅行はあまりおススメできなかったりするんです。

 

そこで、世界中のクリスマス事情、ちょっと日本と比べてみましょう。

 

スポンサーリンク

ザ・クリスマスのイメージ「アメリカ」のクリスマス

まさにクリスマスのイメージ代表のアメリカ。

 

映画「ホーム アローン」などは、アメリカのクリスマスを表す代表的な作品ですね。

 

大きなクリスマスツリーや靴下、イルミネーションで飾られたお家に家族が一斉に集まる特別な祝日。見るだけでこちらも温かな気持ちになってきますね。

 

日本が恋人とロマンチックなひと時を過ごすのに対して、アメリカやヨーロッパでは家族が集まる、日本で言う正月のような祝日、ということは有名ですね。

 

では、ちょっと考えてみてください。家族第一、仕事も家族のためには休む、早く帰る、それが当然!という国々です。本場のクリスマスを味わおうと、街へ繰り出すと、、、、

 

まるでシャッター街!(笑)

 

家族が集まる祝日ですから、当然仕事は早く切り上げてみんなお家へ帰ります。

 

アメリカ留学中、そんなこととは知らず、「アメリカのクリスマスはものすごいはず!」と、クリスマスディナーに出かけて寂しい想いをして帰ったという留学生が多発でした。

 

スーパーも百貨店も閉まります。散々さまよって、スターバックスで残り物のパウンドケーキが夕食だったという友人も。。。

 

そんなときに心強かったのが、チャイナタウン!!中国人にとってクリスマスはなんでもない日です。お祝いせずにレストランもオープン。

 

街中が静まり返っているのに、中華料理屋だけは白人で盛り上がっているという面白い光景も。

 

お気づきの方もいるでしょう。クリスマスは、キリスト教のお祝いです。したがって、アメリカに住む人全員がお祝いし合う日ではないのです。

 

「メリークリスマス!」

という掛け声よりも、

「ハッピーホリデイ」

と単にお休みをお祝いする声をかける方がアンパイです。

 

信仰心の強いイスラム教徒やユダヤ教徒にとっては、あまり好ましくない、と思う人もいるので。

 

ちなみに私は「ハッピーホリデイ」と通りすがりに言われたのをスルーしてしまい、ものすごい勢いで悪口を叫ばれたことがあります。

 

クリスマスに旅行をお考えの方、お店の営業時間のリサーチ、「ハッピーホリデイ」の口慣らしは徹底しましょう。(笑)

 

 

クリスマスを祝わない欧米人、ユダヤ教徒

ハヌキア Photo by Len Radin

 

クリスマスというと欧米人の家族というイメージが強くありますが、クリスマスを祝わない欧米人もいます。イスラム教徒はすぐに思いつくところでしょう。さらにもう一つ、ユダヤ教徒です。

 

クリスマスはキリスト教が、新約聖書にて神の子イエス・キリストの誕生を祝う日です。

 

ところが、ユダヤ教徒が信じるのは、旧約聖書。

 

救世主は未だ表れていない状態であり、お祝いすることはないのです。

 

ナタリー・ポートマンも実はユダヤ教徒です。とあるテレビ番組で、彼女は「生まれて一度もクリスマスを祝ったことがない」と言っています。

 

ただし、その年は「夫の家族と一緒にお祝いするために、今年はクリスマスツリーを買おうと両親が決めたの。ツリーをゲットするのに35年かかったわ。(笑)」とお茶目に話しています。

 

信じる宗教によってクリスマスの存在は異なりますが、信仰がどうだからといって、必ずしも「絶対祝わない!」という決まりはありません。

 

個人の考えによって、クリスマスの楽しみはことなる、ということだけ知っておきましょう。

 

ユダヤ教ではクリスマスは祝わないけれど、同じ時期にハヌカ(Hanukkah)というお祭りがあります。

 

毎年、12月中の8日間祝われるお祭りで、日にちはユダヤ歴に基づくので毎年異なります。

 

9本のろうそくが立つハヌキアという台に、初日は2本、毎日一本づつ火を灯し、8日目の最終日には全てのろうそくに火が灯ります。

 

光のお祭りであるハヌカ。

 

ろうそくの火を眺めるだけでも、温かく素敵な気持ちになれそうです。

 

日本でハヌカを体験するイベントもあるそうですので、今年は異文化に触れる機会としてクリスマスを楽しむのも新鮮でしょう。

 

 

スポンサーリンク

もっと世界に目を向けて。アフガニスタンでのクリスマス

この写真、なんの面白イベントかな?なんて思った方。

 

実際の戦場です。

 

故郷や家族と遠く離れてアフガニスタンに展開していた英国王立海兵隊がクリスマスを祝うため聖歌の合唱をしていました中、タリバンによる攻撃が始まり、撃ち合いに、、、

という年もありました。

 

さきほど宗教の問題を取り上げましたが、アフガニスタンは主にイスラム教の国です。

 

イスラム教徒がクリスマスを祝うことは、異なる信仰を暗に認めることになってしまうため、御法度とする考え方もあります。

 

その中でクリスマスを祝うこと自体も、彼らを刺激する要素となったのかもしれません。

 

海兵隊たちがクリスマス帽を脱ぐ暇もなく、追攻撃に取り掛かったのがこの写真。

 

国際治安支援部隊(ISAF)の軍事キャンプでは、クリスマスツリーが飾られ、フランス軍兵士たちがギターを弾いてクリスマス気分を味わうというシーンもありました。

 

世界のどこかでは、今年も家族と離れて過酷な地でクリスマスを祝う人たちがいます。

 

今年のクリスマスは、ほんの数分でも、世界中の人々を想う時間を持って過ごしてみてはいかかでしょうか。

 

まとめ

日本では、クリスマスを上手に取り入れ、一大イベントとして独自の文化として盛り上がっています。そのオリジナルといえば、アメリカ、ヨーロッパを想像します。

 

一方で、多様な人種、宗教が共存する国々としての「アメリカ」「ヨーロッパ」を意識すると、「イメージ」とは異なる文化が見えてきます!

 

キリスト教:家族で団欒

ユダヤ教:クリスマスではなく、ハヌカをお祝い

イスラム教:クリスマスはお祝いしない

 

ざっくりとクリスマスに対する姿勢をまとめましたが、イスラム教の国でもクリスマスデコレーションが見られるドバイや、一切クリスマスを禁止するサウジアラビアなど、国、個人によって過ごし方は様々!

 

街中が幸せ気分に包まれる日本のクリスマス。

 

視点を広げて世界の12月25日に注目すると、各国、各宗教、各人々の暮らしを考える良いきっかけになります。

 

多様性っておもしろいな~なんて思いながら、世界中の12月25日を想いながら今年のクリスマスを過ごしてみては?

 

<関連記事>

サンタクロースから手紙が来る?カナダのサンタさんに手紙を出そう!

サンタクロースから手紙が届く!スウェーデンのサンタワールド

サンタクロースに手紙を書こう!~フィンランドのサンタクロース村~

 

<PR>

皆さん、週末や長期間のお休みのときに
「どこか遊びに行こう!」
と計画されることと思います。

しかし、どこに行くにしても結構な予算を覚悟しますよね。

  • 少しでもお得に遊べないかな?
  • 割引チケットの情報はないかな?
  • どれくらいの予算が必要なのかな?
  • 旅行先でどんな遊びができるかな?

こんな悩みはないでしょうか?

 

もし、このような悩みがあるなら、こちらのサイト

日本最大級のレジャー総合情報サイト「asoview!(アソビュー)」

をのぞいてみることをおすすめします。



もっと詳しく知りたい方はこちら
レジャー・体験・あそぶ・をお得にするサイト「asoview!(アソビュー)」

 



スポンサーリンク
 



にほんブログ村

スポンサーリンク




お得に遊ぶ予約サイトasoview!
U-NEXT
<hulu>2週間無料トライアル
<広告>
スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

ページの先頭へ